お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

見ないで! 女性たちが、他人に注目されたくない「自分のカラダのパーツ」4つ

ファナティック

初対面の人と会うときや、大勢の人前に立つ瞬間などに「ここは見ないで!」と、叫んでしまいたくなるカラダのパーツってありませんか? そこで今回は、他人に見られるのが嫌なカラダのパーツはどこかを働く女性に聞いてみました。

■ぽっこりおなか

・「おなか。ガスが溜まりやすい体質なので、ぽっこりが目立っていないか気になる」(22歳/小売店/事務系専門職)

・「ウエスト。メリハリのある身体に見えるかを左右する大きなポイントだから」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

ぽっこりおなかが気になっていると、横からのシルエットを見られるのが本当に嫌ですよね。ウエストまわりは、引っ込んでいれば他人から意識されませんが、出ていると露骨に意識されやすい部分。なんとかしたいものです。

■おしり

・「おしり。やっぱり垂れ下がってるから、パンツ姿は気になる」(29歳/生保・損保/営業職)

・「おしり。ズボンをはいたときなどに、おしりが大きいと目立つから」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

ぴったりしたサイズのパンツを選ぶと、露骨にあらわれてしまうのがおしりの大きさや垂れ。おしりにコンプレックスのある女性は、エスカレーターなどでうしろに立たれるのが嫌かもしれませんね。

■太もも

・「脚が太くて短いこと。ズボンをはくのがすごく嫌です」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「太もも。ズボンをはいているときに、『こいつ太っ!』と思われてそう」(23歳/その他/販売職・サービス系)

普通のサイズがぱつんぱつんに見えてしまう、太い「太もも」も他人からの視線が気になるカラダのパーツ。でも体を動かす必要のある場面では、スカートというわけにもいかないですよね。視線が気になりつつ、はかざるを得ないのがつらいところです。

■胸

・「胸。大きいのか目立つのか、初対面の人でも大きいと言われる。露出の低い服で歩いていても視線が気になる」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「胸。貧乳なので女性としての魅力が欠けていないか気になります」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

また胸は大きくても小さくても、女性は他人からの視線が気になってしまうよう。特に大きい人は、初対面なのに男性から失礼な視線を投げかけられることも多く、正直きついですよね。また小さいなら小さいでコンプレックスから見られたくないと思ってしまうよう。

カラダのパーツに気になる部分があると、他人からの視線が怖くて人前に立ちたくないと思うことも多いもの。できる限り、普段からカラダに気を遣って、コンプレックスを減らしていきたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数208件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]