お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

これで安心。口臭を防いでいつも爽やか、15の方法。

口臭。自分ではよく分からないけど、絶対避けたい!

【歯科医に聞く。講習のウソ、ホント】

「これで口臭の心配ナシ!」になる、15の方法をご紹介しましょう。メモを取ってすぐに始めて下さいね。

1)適度な糖質を含む食事を
脂肪分から作られるケトンは胃の中で発酵して口臭の原因になります。ブロッコリー、にんじん、サツマイモや果物に含まれる糖質を摂取することで、脂肪分と調和され、口臭予防につながります。

2)緑黄色野菜を食べる
緑黄色野菜を食べるのはお母さんを喜ばせるためだけではありません。体内がよりアルカリ性になり、口臭の原因になる酸を和らげてくれます。

3)リンゴを食べる
リンゴやセロリ、キャロットなどを生でかじると、歯の間に詰まった食べかすが取り除かれ、臭いの原因となる細菌も追い出されます。歯ブラシの代わりをしてくれるというわけです。

4)水をたくさん飲む
水は口の中の細菌を取り除き清浄にしてくれるだけでなく、体の正常な機能に役立ちます。

5)コーヒーより野菜ジュースを飲む
口臭の原因になるなる酸をたくさん含んでいるのがコーヒー。反対に少ししか含んでいないのが野菜ジュースです。

6)ミントかパセリの葉をかむ
自然な方法でお口をすっきりさせたければ、ジップロックに生のミントかパセリを入れて持ち歩きましょう。ミントは息を爽やかにしてくれます。そしてパセリにはクロロフィルが含まれています。

7)プロバイオティクスのサプリを飲む
善玉菌を増やしてくれるプロバイオティクスを摂取することで食べ物の消化が進み、胃の中で発酵してしまうリスクを減らします。

8)歯間ブラシを使って歯と歯の間をそうじする
歯の間を掃除しないと、そこに食べかすがたまり、臭いの原因になる酸を細菌が生み出します。

9)アルコールフリーの洗浄液でマウスウォッシュをする
アルコールは口の中を乾燥させ、口臭の原因になり得る細菌を増殖させます。

10)シュガーレスガムをかむ
ガムを噛むことは唾液の分泌を増加させ、一種の細菌の減少に一役買ってくれます。

11)舌を磨く
臭いの原因となる細菌は舌乳頭にくっつきます。舌を磨くことでそれらの細菌をなくすことができます。

12)口臭予防スプレーをシュッとする

13)喫煙をできたらやめる
ニコチンは唾液の分泌を阻害します。

14)香りつきのグロスを塗る
その場しのぎですが、すぐに歯磨きできないときには使える手です。

15)定期的に歯医者に行く
1)~11)までを試したけど口臭がなくならないという人は、歯医者に行って診てもらうべし!

参考:
15 astuces pour toujours avoir une bonne halaine !
http://femmes.portail.free.fr/beaute/03-02-2015/15-astuces-pour-toujours-avoir-une-bonne-haleinenbsp/

お役立ち情報[PR]