お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性ホルモンのゆらぎ

自分の子どもが生理になったら、あなたはどう対応する? 約6割の女性が選ぶ答えは……

女性にとって「生理」は重要な問題です。正直うっとうしいことも多いですが……妊娠・出産に関わる機能として、大切にしたいですよね。もしも将来、自分に「娘」が生まれたとしたら、その子にとっても生理は重要! 子どもの生理にどう向き合っていきたいと思っているか、女性たちの意見を聞いてみました。

Q.将来、あなたの子どもが生理を迎えたら、自分から話題にしますか?

「自分から聞いてみる」……58.4%
「言われるまで待つ」……41.6%

6割近くの女性が、自分から行動を起こしたいと考えていることがわかりました。それぞれの理由もチェックしてみましょう。

<子どもが生理を迎えたら……自分から聞いてみる女性の意見>

■体調が心配です!

・「生理は通過儀礼の行事だし、貧血にならないように教えてあげる」(27歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「体調が心配だから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

女性ならば避けられないこと。とはいえ、心身ともに心配なことは多いものです。子どものうちは、判断に困ることもあるはず。自然に相談できる雰囲気を、と考える女性が多いようです。

■アドバイスしてあげる

・「はじめはびっくりするので、『こうしたら?』とかアドバイスができると思うから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

「いつか来るもの」という認識があったとしても、初めてのときはやはり驚きます! 母としてアドバイスすることで、子どもの心に寄り添えたらいいですね。

■娘から言えない場合に備えて聞いてあげる

・「『恥ずかしがらないで言って』くらいは言うかも知れない。恥ずかしくて言えなかった覚えがある」(29歳/生保・損保/営業職)

・「女性同士なので何も恥ずかしいことはないし、わたし自身、初潮時にそれが生理だと言われるまで気づかなかったため」(25歳/アパレル・繊維/販売職)

子どもが恥ずかしがったり、気づかなかったりする場合に備えて、こちらから聞いてあげるとスムーズですね。

では反対に、「言われるまで待つ」を選んだ女性の意見とは?

<子どもが生理を迎えたら……言われるまで待つ女性の意見>

■子どもの気持ちに寄り添って

・「子どもと言ってもプライベートなことなので、そっとしておきたいと思うので」(25歳/情報・IT/技術職)

・「来なかったら何のとこかわからないだろうし、人によって差はあるので、わざわざ聞くと『遅い』と言っている感じがする」(31歳/電機/秘書・アシスタント職)

子どもといっても、生理が来るころには思春期を迎えているはず。デリケートなお年ごろだから……と配慮する女性も多いようです。

■学校にお任せしたい

・「自分自身が生理については学校で教えてもらった。あえて子どもに教えなくてもいいのかと思う」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

子どもには子どもの、「学ぶ場所」があるはず。こんな意見もありました。「みんなと学ぶ」のと「親と一対一で話す」のでは、雰囲気も大きく異なりそうですが……。

■子どもから言ってほしい

・「普通自分から言ってくると思う。ナプキンとか買わないといけないし」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

自分の体に異変があれば、自分から伝えてくれるはず……ですよね。子どもから何でも話しやすい雰囲気を、普段から作っておく必要があるでしょう。

「自分から聞く」「言われるまで待つ」、それぞれの女性の意見が集まりました。まだまだ遠い未来のこと……と感じる人もいると思いますが、どう対応するのか、一度考えてみてもいいのでは?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数250件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]