お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

寝ながら楽ちん!照明やアロマやサプリでできる「睡眠美容」

睡眠美容というものが話題を呼んでいます。睡眠美容とは、睡眠をとることで、肌が昼間受けたダメージから肌の細胞の生まれ変わりを寝ることで促進させるよう・・・というものになります。肌をキレイに保つには、睡眠が大切なものとして考えられることから、睡眠美容というものが誕生しました。

【やっぱり女の涙には勝てない!「涙で男を萌えさせる」泣き方パターン3つ】

「じゃあ、寝るだけでいいんだ」というわけではありませんよ。寝るだけでは効果はあまり期待できませんので、睡眠と同時にたんぱく質やビタミンCなどを補い、さらに肌にいい環境作りから始めるようにすることが大切です。

●肌組織を作っているタンパク質
タンパク質は、肌組織を作っている大切な栄養素です。コラーゲンやエラスチンもタンパク質の一種になります。人間が生きていくために必要な栄養素であるタンパク質は、体の活動や筋肉の維持・修復に使われています。睡眠前にたんぱく質をとっておくと、体の活動などにも良い影響を与えることになるでしょう。

●美容に必要なビタミンC
美容にはビタミンCが必要となります。ビタミンCを摂取すると、コラーゲンが体に吸収され、皮膚にいきわたるとき、その作用を助けてくれるのです。ただ、ビタミンCは紫外線に弱く、外の光や紫外線にあたると分解されてしまいますので、ここが難点です。

ですから、寝る前にビタミンCを摂っておくことで、コラーゲンの生成を助けることになります。

●お肌のゴールデンタイムに入る前に、栄養素を摂取しておく
タンパク質やビタミンCを摂取して、お肌に栄養を送る準備を整えたら、あとはお肌のゴールデンタイムによって分泌される成長ホルモンのサポートを受けることで、よりキレイで強いお肌を手に入れることができるでしょう。

ゴールデンタイムと言われる10時~2時の間に、新陳代謝を活発にさせたり、古くなった細胞を修復してくれますので、この時間に寝ておくと「睡眠美容」は完璧に完成させることができます。

●毎日寝ている時間をスキンケアの時間だと思うこと
人は7時間程度寝ることが望ましいと言われていますが、この寝ている時間にスキンケアをしていると思ってください。夏などの紫外線が強い季節は、スキンケアは毎日行うようにしてください。高級な化粧品を買って、毎日せっせとパックをしたりする手間を考えるのであれば、この睡眠美容は魅力だと思いませんか?

さらに、質の良い睡眠を得ることによって、ダイエットにも効果がありますので、美容とダイエットを両立させることができるようになります。

●照明を考え直そう
せっかくタンパク質やビタミンCを摂取したのに、お部屋が快適な環境じゃないと効果は半減してしまいます。ですから、照明などに工夫をしておくのも大切です。これによって、心地のいい睡眠を得ることができますからね。

まず、蛍光灯ですが、白系の色よりは、赤系の色の方が全体的に落ち着きます。
また赤色の照明の場合、血圧の上昇を抑えられたりまばたきの回数が減るなどリラックス効果が期待できるそうです。照明はできることなら、直接目に入らないようにすることをおすすめします。目に直接光が当たるとそれだけで眠れなくなってしまいます。

そのため、フロアスタンドやロースタンドのように間接的に光をあてるようにするなどして工夫してみるようにしましょう。

●アロマなどを利用するのもオススメ
光もそうですが、心地いい眠りというのは、香りによってももたされます。アロマなどを利用することで、香りでも良い睡眠を得られるようになるでしょう。

[ラベンダー]
ラベンダーは神経の緊張や不安を柔らげてくれる香りです。心配事や不安なことがあった日などは、ラベンダーの香りで眠るとぐっすり眠れるかもしれませんね。

[カモマイル]
カモマイルは、リンゴのような香りをします。不安、怒りなどを鎮静させる効果がありますので、不眠症にも効果があると考えられています。

[ネロリ]
ネロリはオレンジの花から抽出した香りになります。香水の香りづけにもよく使用されており、ストレスを減少させてくれ幸せな気持ちにさせてくれるようです。

[ゼラニウム]
ゼラニウムは、バラのような甘い香りが特徴的です。不安やうつ状態を鎮静させてくれますので、心を落ち着かせてくれます。

[マジョラム]
マジョラムは、ややスパイシーなハーブ調の香りとなり男性が好む香りです。精神を沈めてストレス発散を促します。

[オレンジ]
オレンジのさわやかな香りが緊張をほぐしてくれます。落ち込んでいるときなどは、オレンジがオススメですね。

●さいごに
眠ることで人は安らぎを手に入れることができるでしょう。ゆっくり眠れた朝は、お肌の調子がよくなっていませんか?睡眠美容は、まさにここに目的があるわけです。照明だってアロマだって高級なものを買う必要はないのです。

ちょっとしたテクニックで、快適な睡眠環境を手に入れることができますから、ぜひいろいろ試してみるようにしましょう。

お役立ち情報[PR]