お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

それって詐欺じゃ!? 男性が「服を脱いだ彼女を見て幻滅した瞬間」4選

ファナティック

体形をうまくごまかしてくれるコーデ術やアイテムが増え、昔よりもおしゃれが楽しくなったのはいいけれど、脱ぐのが怖い……なんて女子も多いのでは? 本当の姿は絶対に見せたくないけれど、いずれその瞬間はおとずれるわけで……。そこで今回は「服を脱いだ彼女を見て幻滅した」エピソードを社会人男性に聞いてみました。

■胸がなかった!

・「胸がないとはわかっていましたが、揉もうとして空振りしてしまったことがある」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「胸がパットでごまかされていた。大きいと思っていたがそうではなかった」(33歳/学校・教育関連/専門職)

最初に盛ってしまい、やめればよかったと後悔するのがこれですよね。つきあったら見せなきゃいけないのはわかっているのに、つい胸を盛ってしまう女心。ただし男性にはこの女心はあまり通用しないよう。「だまされた!」と思われないように注意が必要です。

■セルライトやニキビがあった!

・「風呂場でセルライトが浮いていて幻滅した」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「背中にニキビがいっぱいあった」(38歳/情報・IT/技術職)

気になる部分があるときに限って、彼氏が「一緒にお風呂に入ろうよ」とか誘ってくるのもよくありますよね。こんなとき、日ごろから体を磨いておけばよかったと後悔します。彼氏に見せたくない部分があるなら、つきあいはじめのうちからケアしておく必要があるかも。

■ドラム缶みたいな体形だった!

・「ドラム缶みたいな体形は、かなり幻滅した。萎えてしまった」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「いつも脱ぐときはおなかをひっこめているのでしょうか。不意にお風呂場で見た彼女はけっこうおなかが出ていました」(30歳/学校・教育関連/営業職)

脱ぐということは、ありのままの自分を彼氏に見せるということ。脱ぐとドラム缶体形もばれますが、日ごろからおなかをひっこめてごまかしていることもばれてしまいます。こんなことになる前に、まずはウエストだけでも引っ込めておきたいところ。

■子どもみたいな体形だった!

・「風呂あがりの体を見たとき。思っていたより痩せていたので少し幻滅した」(31歳/商社・卸/営業職)

・「カラダのラインが女のそれというより子どものような感じで興奮するのに苦労した」(31歳/食品・飲料/技術職)

ぽっちゃり体形で引かれることもあれば、お子さま体形で引かれてしまうこともあるよう。やはり痩せすぎず太りすぎず、女らしい健康的な体が一番ですね。

彼氏の前で初めて洋服を脱ぐのは、本当に怖いですよね。今まで隠していたあんなことやこんなことがバレバレになってしまいます。彼氏に幻滅されないよう、悪いギャップは小出しに見せつつ、日ごろから体を絞ったりケアしたりしておきましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年1月にWebアンケート。有効回答数110件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]