お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

人生最大にムカついた相手

人生できることならムカつかないで過ごしたいもの。しかし、私たちも人間ですから、日々の暮らしの中で「どうしてもこれは許せん……」という相手に出会うこともあるものです。読者の皆さんに「人生最大にムカついた相手」を聞きました。

【ムカッときたらすぐ試して!「たった6秒で怒りを抑える」心理学】

調査期間:2014/12/23~2015/1/5
有効回答数689件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

■男女関係

「とにかく自分の話ばかりでマイペース。自慢話ばっかりだったとあるB型の男性。そのせいでB型男性が全員嫌いだった時期がある」(39歳/女性)

「高校のころの彼女。二股されていたから」(28歳/男性)

「元嫁。結婚して性格が変わったから」(38歳/男性)

「元彼。自分の意見ばかり私に押し付けて、私の意見は何も聞いてくれなかったから」(31歳/女性)

恋愛感情はときに憎しみに変わるもの。悲しいですが、そういうことになっています。

■学校関係

「担任。高校受験の際、志望校をあきらめろと言われ続けたが、いざ合格すると『受かってよかったな』と手のひらをかえしたため」(26歳/女性)

「学校の先生。みんなの前でビンタをしてきた」(32歳/女性)

「小学校時代の同級生。給食に唾をかけられたから」(26歳/男性)

学生時代の思い出は、いつまでも記憶に残っているものです。

■家族関係

「母親。大学受験に失敗したとき責められまくったから」(25歳/女性)

「父親。夢の中でも怒鳴っているから」(49歳/男性)

「父。ゲームの邪魔をしてきて、ちょっと突っ込みがてらに軽く頭を叩いたらマジギレしてきたから」(35歳/男性)

「兄。子ども時代にストレスの捌け口にしょっちゅう暴力を振るわれた。今でも腹が立つ」(22歳/女性)

人生最大にムカついた相手が家族というのも、非常に複雑です。

■仕事/就職関係

「時間外に商品の受け取りを依頼してきた客。時間外に商品を倉庫から搬出するという作業は非常に大変なことなので」(31歳/男性)

「和食屋さんで働いたときのお局。挨拶しても無視、業務連絡も無視、内線も無視、用があるからと目の前に立っているのに顔も見ないで返事もしない。なのにミスがあれば自分の事は棚に上げて『あなたの連絡ミスよ! どうするのよ!?』と押し付ける人だった」(28歳/女性)

「面接官。とある企業の一次面接で『ここ落ちたらどこにも通らないよ』と言われて」(24歳/女性)

「社会人になってすぐの上司。細かいことにネチネチといい、自分の派閥につかない女子を徹底的にいびる人だった」(26歳/女性)

「パワハラをしてきた上司。お前が嫌いだと露骨に言うので、パワハラで訴えてクビに追い込んでやった」(44歳/男性)

仕事において他人にイラッとしないことは、無理なのかもしれません。

■その他

「隣人。限度を超えた騒音を立てたから」(26歳/男性)

「電車で席に座ろうとした私にぶつかってきて席を奪ったおじさん。いい年してそんなことをやる人がいるなんて信じられなかった」(30歳/女性)

憎しみにあふれたコメントの数々に息が詰まる思いです。

ムカついた自分を鎮めることができるのは自分だけ。さまざまな思いがあるとはいえ、ムカついている時間だけもったいないと考えることもできそうです。長い人生、ムカつきなんてどこかに忘れてしまうくらいの楽しさを求めていきたいものですね。

(佐藤育児+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]