お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性ホルモンのゆらぎ

生理用品を男性店員のレジで買うこと、どう思う? 36.8%の女性は「気まずいと思う」

女性なら避けて通れない毎月の「生理」。生理用品は定期的に買う必要がありますよね。みんなは生理用品を購入するとき、レジが男性店員だと気まずい思いをすることはないのでしょうか? そんな素朴な疑問を、働く女性たちに聞いてみました。

Q.あなたは、生理用品を買うとき、レジが男性だと気まずいと思いますか?

「思う」36.8%
「思わない」63.2%

36.8%の女性は「気まずいと思う」と回答。「気まずいと思わない」女性のほうが多数派ですが、それぞれの理由を詳しく見てみましょう。

<「思う」と答えた女性の意見>

■恥ずかしいから

・「なんとなく恥ずかしい感じがするから嫌だ。下着を買うような感じだから?」(26歳/食品・飲料/営業職)

・「相手も仕事と割り切ってはみても、やはり男性に見られるのは恥ずかしいから」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

気まずい派に多く見られたのが、「恥ずかしい」という意見。下着の購入に例える方も。

■生理用品に触られたくないから

・「外装されてても触ってほしくない」(24歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「なんとなく男性に触られたくないので、女性のレジに並ぶ」(25歳/医療・福祉/専門職)

そもそも生理用品自体を男性に触れてほしくないという女性たちも。男性には見せたくないアイテムなのかも。

■相手の男性に気を遣ってしまうから

・「生理用品を見られるのが恥ずかしいし、男性店員も嫌だと思うから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「私は気にしなくても、相手が気にしてるかもしれないと思うと気まずいです」(26歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

仕事とはいえ、男性店員が嫌がっているのでは? と思う人もいるようです。

<「思わない」と答えた女性の意見>

■日常、必要なものなので

・「ほかのものと一緒に買うので、日用品のひとつだと思って気にしません」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「日常的に必要なものなので、まったく気にならない」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

シャンプーやトイレットペーパーなど、日常必要なもののひとつとして買うだけだから気にしないという意見です。日用品なのに、いちいち気にしてたら大変と考えるよう。

■男性店員にとっては仕事だから

・「相手は仕事として扱うだけだから、こちらも意識する必要はない」(29歳/不動産/事務系専門職)

・「他人だし、店員さんもこういう品は慣れていると思う」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

仕事としてレジにたっているわけで、意識するのはちがうのでは? という意見も。男性店員にとって、生理用品をレジうちするのは日常茶飯事です。

■今はもう気にしなくなったから

・「若いころは恥ずかしいと思っていましたが、気にならなくなりました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「特に気にしない年になったから」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「最初は抵抗があったが、あくまで店員さんだし、今はあまり気にならなくなった」(30歳/医療・福祉/専門職)

昔は気になったけど今は平気という人も。「むしろ、生理用品を黒い袋に入れられるほうがいろんな人に『生理用品を買ったんだな』と思われているようで嫌だ」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)という意見もあるように、買ったあと通常の日用品とはちがう袋に入れられることのほうが抵抗があるという人も。

気まずい派、気まずくない派、どちらも一理ある理由が並びました。みなさんはこの問題、どう思いますか?

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数250件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]