お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

何かを忘れたら慌てる前に目を閉じよう!―記憶が戻る率アップ

一昔前と比べるとセキュリティ管理が厳しくなり、簡単なパスワードなどは登録しづらくなっています。電話番号や誕生日などをパスワードにすると簡単に割り出されてしまう危険性がありますので注意したいものです。

【たった3分の 「手帳ミーティング」で、忘れ物がなくなる!】

そのためこのごろパスワードなどを忘れてしまう人々が増えています。

パスワードだけでなく、「あれをどこに置いてしまったんだろう」と物忘れをしやすい人は目を閉じると思い出しやすくなるそうですよ。

イギリスのサリー大学の研究で、被験者178人に目を閉じた場合と目を開けていた場合のふたつの場合で記憶力にどれだけ違いがあるかを調べたそうです。

被験者に映画を見てもらい、その後で映画に関するいくつかの質問をします。

その結果目を閉じながら記憶をたどって答えた人の正解率は71パーセントもあったそうです。

反対に目を開けていた人の正解率は48パーセントだったそうです。

研究者たちはこのように記憶をより良く思い出すために、目を閉じるのが圧倒的に有利になると述べています。

うっかりした物忘れやパスワードなどを思い出すとき、慌てる前に落ち着いて目を閉じて
記憶の糸をたどってみましょう。

Closing your eyes boosts memory recall, new study finds
http://www.sciencedaily.com/releases/2015/01/150116085606.htm

お役立ち情報[PR]