お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

2回目の出産って難しいの?

アメリカのゴシップ誌を常に騒がせているカニエウエストとキムカーダシアン。彼らは最近2人目の子供を授かろうと努力しているけれどもなかなか上手くいかないとインタビューで話したみたいです。

【妊娠中に妊娠?数百万分の1の確率で起こる「過剰受胎」】

さて、カニエとキムはただ単にアンラッキーなのでしょうか?それとも2人目を妊娠することは1人目よりも大変なのでしょうか?

Women’s Health Magazineがお医者さんに聞いた所、2人目の妊娠を難しいと感じる女性は多くいるみたいです。そこで、今回はどの様な要因が2人目の妊娠を困難にしているのか、そしてそれを防ぐにはどうすれば良いのかまとめています。

●年齢
最近は年配の女性でも妊娠をするというニュースを聞きます。しかし、女性の妊娠と年齢リミットは切れない関係です。お医者さんによると、32歳から女性の妊娠力は下がり始め、35歳までには急速に妊娠力が下がるみたいです。

そして、40代になると相当努力しないと妊娠ができないよう。なので、1人目を生む時よりも年齢が上がるにつれ2人目は難しくなるみたいです。

●体重の変化
1人目の妊娠の後に体重が増えたとしても減ったとしても良くないみたいです。大きな体重の変化はホルモンに影響を与えるため、妊娠にも影響が出てしまいます。なので、妊娠をしたかったらば自分の通常体重をキープすることが大切です。

●ストレス
妊娠しようと努力すれば努力する程ストレスは上がってしまいます。そして、ストレスがたまってしまうと体が自然と妊娠をするのを妨げる様になってしまいます。ヨガやリラクセーションを心がけてみると妊娠しやすくなるようです。

この様に、生活の様々なことが妊娠のしやすさ、しにくさに影響を与えてしまいます。しかし、年齢、体重、ストレスなどに変化がないにも関わらずなかなか妊娠ができない場合はお医者さんにかかってみても悪くはないです。

特に、年齢が35歳以上の場合は怖がらずにお医者さんのヘルプをもとに2人目の妊娠を目指すことが大切みたいですよ。

参考: Is it harder to get pregnant the second time around?

http://www.womenshealthmag.com/health/kim-kardashian-second-pregnancy

お役立ち情報[PR]