お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

あなたはいくつ当てはまる? 挫折しやすい人の特徴と6つの簡単習慣

Doctors Me

頭を抱える女性突然ですが、あなたはこれまでの人生で挫折をしたことがありますか? 大なり小なり、人は挫折を経験するものだと思いますが、特に挫折しやすい人の特徴をあげてみると、このようになります。

「はぁー……」なぜ、ため息が出るのか、医師に聞いてみた

・最後までやり遂げられない
・注意力が散漫で、大局を見極められない
・効率よく物事を進められない
・人の評価が気になってしまう
・すぐくよくよしてしまう
・なかなか立ち直れない

では、これから心がけていただきたいことを挙げてみます。

1.なんでもいいので、最後までやり遂げる。

目標を大きくするのではなく、小さく分けて各個撃破していけばよいのです。そして、やり遂げられたら何かご褒美があるといいかもしれません。逆に欲しい物を先に考えておいて、そのためにがんばるのもありでしょう。

2.課題はひとつに絞る

日々、やらなければならないことは山積みですが、取っ掛かりやすい物から片付けていきましょう。そうすることで客観的にやらなければいけない順位も見えてくるでしょう。ひとつが終わればまた次のひとつに取りかかればいいんです。 

3.期限を決める

時間でも日付でも、期限を決めましょう。
効率よくというよりは集中して物事に取り組んでいけます。
少しだけキツめに期限を決めて、がんばれたらご褒美作戦も効果的ですね。 

4.完璧を目指さない

必要な骨格以外は削ぎ落とすことも必要です。やるべきことをダイエットできれば、楽になりますね。 

5.人の評価は気にしない

なかなか難しいのですが、ダンテは「お前の道をすすめ。人には勝手なことを言わせておけ」という言葉を残しています。人がどう評価しようと自分は自分。自分を認めてあげられるように、勇気を出していきましょう。

6.くじけて泣くだけ泣いたら、笑ってみる

座り込んで立ち上がれなくなったら、泣いてもいいんです。涙がおさまったら上を見上げて大きく伸びをしてみましょう。そして笑ってみましょう。空元気も立派な元気です。がんばって笑っている貴女を見ている人が必ずいますよ。

「あのとき挫折したからこそ、今の自分がある」なんてこれから先の人生で思うことができたら素敵ですね。

(36歳女性精神科医/Doctors Me)

お役立ち情報[PR]