お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

なぜ、若くして白髪が生えるの? そもそも白髪とは?

Doctors Me

■白髪は“年齢”の判断基準!? だからこそ“若白髪”はツラい

白髪は不思議なものです。10代から白いものが目立つ方がいるいっぽうで、50代、60代でも真っ黒という方もいます。一般的には、30代以降から白髪が気になり出すことから、年齢を見た目で判断する際のひとつのポイントになります。それゆえ、若いうちからの白髪を気にされる方も多いのではないでしょうか。

老化が進むと、顔がたるむのはなぜ?

■そもそも、白髪って何?

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、髪の毛はすべて、もともとは白髪なのです。この体内で作られた白髪が成長し生えてくる過程で、毛根にあるメラニン細胞(メラノサイト)が産生したメラニン色素が毛髪内の細胞に取り込まれて黒くなるのです。つまり、白いまま生えてくる、というのはそこの部位で、このメラニン細胞の働きがなくなってしまっているということ。多くの場合、加齢によりメラニン細胞が減少したことで、白髪が増えてくるのですが、中には子どものころから白いものがチラホラ出てくる人もいます。

■なぜ、若くして白髪が生えるの?

では、若いころからの白髪のある、なしはどうして決まるのでしょうか。結論からいいますと、白髪や薄毛などの髪の特徴は遺伝によるものがとても多いといわれています。若白髪の場合も、身長の高低や肌の色と同様、多くの場合、いわゆる先祖から受け継いだ体質のひとつであると考えられています。そのため、若白髪であってもほとんどは何の問題もありません。

■生活習慣の影響も……

ただ、ごく一部ですが、極端に不規則な生活や偏った食事、ストレスの多い環境にいる方に白髪が多いともいわれています。こちらは、体に負担のかかる生活をしたり、あるいは栄養素が不足することで、体内のミネラルバランスが崩れ、特に銅が不足することでメラニン色素を作る働きをする酵素である「チロシナーゼ」がうまく機能しなくなり、白髪が増えてしまうともいわれています。

■まとめ

ほとんどの若白髪の方は遺伝によるもので、何の心配もないとされていますので、あまり気にしすぎないようにしてくださいね。

(38歳女性精神科医/Doctors Me)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]