お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

断りづらい仕事……どうすればいいの!?角の立たない断り方

仕事の依頼をされて、それを毎度快く受け入れられたら良いのですが、他の仕事が立て込んでしまうとなかなかそうもいきません。「断りづらいけど……でも無理なものは無理!」とお断りする際に、角を立てずに済ますことができたら、その行為のストレスも軽減されるというもの。

そんな角の立たない断り方をお教えします。

■断りづらい仕事……どうすればいいの!?

「●●さん、これお願いできますか?」と振られた仕事、受けることができる状態であれば良いですが、他の仕事が山積みだったり、どう考えても自分は適任ではない思われる内容だったりすると、断らざるを得ませんが、断りづらい相手にお願いされた場合、「ごめんなさい」とストレートに伝えるのははばかられます。

でも、下手に「やります!」と答えてしまって、納期に間に合わなかったり、不完全な仕事をしてしまったりするくらいならば、しっかり断らなければなりません。では、どう断れば、角を立てずに断ることができるのでしょうか?

■誠実に、そして、依頼してもらえたことを尊重して

「こういうことは誠実さが第一でしょ?」と思い、ストレートに依頼を断る人もいるかもしれませんが、「ごめんなさい、できません」とぴしゃりと言ってしまうと、相手の反感を買うかもしれません。できないものをできない、とはっきり伝える姿勢は良いのですが、言葉のチョイスを間違ってはいけません。

まずは、仕事を振ってくれたことに対して「ありがとうございます」と感謝の意を伝え、そこから、「でも……」と自分の現状を素直に伝え、お断りすると、相手も「だったら仕方がない」とすんなり納得してくれる可能性が高いです。

■自分から断れない……なら、相手から!

上記の場合より、さらに断りにくい相手だった場合はどうすればいいのでしょうか? それは「相手に断らせる」ことです。「いついつまでにこれを仕上げて欲しいんだけど」と依頼されたら、すぐに断ってしまうのではなく、「分かりました。

でも、今ちょっと他の仕事で予定がつまっているので、締め切りを●日延ばして頂けますか? それならやれます」と相手の方から「だったら他の人に頼むよ」と引き下がらせるのです。自分から断ったわけではないので、相手の心証も悪くはありません。

仕事を頼まれると、なかなか断りづらいものですが、少し機転を利かせるだけで、相手にも自分にもストレスにならない断り方ができるのです。今度もし、自分が何か頼まれて、どうしても断らなければいけない際は、上記の方法を試してみてください。

お役立ち情報[PR]