お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「自分にぴったりの大学ってどこだろう…?」大学選びに重視したいこと・気にしなくてもいいポイント

自分にぴったりの大学を選ぶことは、なかなか難しいもの。学費や専攻内容、その他大学ごとに異なる特徴など、考慮するべき点はたくさんあります。しかし、全ての条件がパーフェクトに揃う大学を見つけるのはとっても困難… そこで、大学選びに重視するべきポイント・気にしなくてもいいポイントを紹介します。

【大学進学者に聞いた「大学は就職に向けて準備をする場所」50.1%】

以下の内容を考慮した上で、自分にぴったりの大学選びをしてみましょう。

■重視するべきポイント

1、専攻内容
これは妥協できないポイント。どんな内容が学べるか、良い教授がいるか、評判はどうか、卒業後の進路にどんなメリットがあるかをよく検討しましょう。

2、キャンパスサイズ
学生数により、大・中・小の規模に分かれ、小規模(500~5000人)、中規模(5001~15000人)、大規模(15001人以上)で、それぞれ特徴が異なるので自分に合ったタイプを選ぶ必要があります。

小規模キャンパスでは、個々に合わせた教育が受けられる一方、ソーシャルイベントや卒業生の集まりなどの規模は小さくなります。

大規模キャンパスでは、研究資料や学内外での活動が盛んにありますが、大勢の人たちの中で際立つのは簡単ではありません。

中規模キャンパスでは、当然ですが小規模と大規模の中間の要素を持ち、大学によって特徴は異なります。

教授とより親密に関わりたいなら、小規模や中規模の方がその可能性は高いでしょう。
大規模では、その規模感を活かして何か大きなことを成し遂げることも可能になるかもしれません。

3、勉強できる環境
大学の図書館は勉強をする上でとても重要です。そして、図書館以外にも勉強できる環境や施設が整っていることも考慮したいポイント。コンピュータや、学業のサポートシステムなど、自分に合った学びのスタイルができるかを検討しましょう。

■気にしなくてもいいポイント

1、寮
寮は大学によって若干の差はありますが、ほとんど変わらないのが実情です。ベッドやデスク、収納スペースなどがあれば十分。

2、学食
学食は、大勢の学生に効率的に食事を提供することを目的にしているので、食事の味や質を比べるのはあまり意味がありません。豊富な種類を提供している学食であれば、バランスの良い食生活が送れるので十分でしょう。

3、有名な卒業生がいる
大学生活をより良いものにするのは、あなた自身。その大学で成長したり、キャリアを築いていくのは全てあなたの努力次第です。

4、スポーツの成績
スポーツの成績がいい大学は輝かしいイメージがありますが、”大学で何を学べるか”ということの方が重要です。

参考サイト:
Bad food vs. good classes: What really matters when picking your school
http://college.usatoday.com/2015/01/13/bad-food-vs-good-classes-what-really-matters-when-picking-your-school/

お役立ち情報[PR]