お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

後輩は見逃さない!先輩女子の「アウト!」な部分

オフィスで後輩と一緒に働いている女性ならば、いつまでも「ステキな先輩」と思われ続けたい…と願うものですよね。しかし後輩たちは、先輩社員の「衰え」を見逃さないのです。若く元気でいるためにどんなにがんばっても、後輩たちから見ると、「先輩、年をとったな…」なんて思われていることもあるのですよ!
今回は後輩たちのシビアな目から見た、先輩女子の「アウト!」な部分をご紹介します!

【東南アジア旅行のベストシーズンは!?気になる気候をチェックしよう】

●その1:顔・表情編

「いつも口角が下がって、への字口になっている先輩がいる」(23歳・広告)

「部署の先輩がアラフォーになったとたん、ほうれい線が一気に増えた」(27歳・IT系)

顔は一番年齢が表れやすいものですよね。特に口元には、はっきりと加齢が見えてしまうのかも…。今のうちから表情筋をしっかりと鍛えて、笑顔のキレイな先輩でいましょうね!

●その2:体型編

「アラフォーの先輩は、デスクでパソコンに向かっているとき、おばあちゃんみたいに背中が丸まっている」(24歳・流通)

「30代になると、ウエスト周りが太くなる先輩が多いのでびっくりする」(25歳・出版)

運動不足や疲労で、スタイルのレベルや体力も低下してしまう。…悲しいですが、それがアラフォーの現実だったりします。まずは姿勢をまっすぐにして、見た目年齢の若返りを目指しましょう!背筋をのばすことには筋力も使うので、エクササイズにもなって一石二鳥です!

●その3:しぐさ・言葉編

「うちの会社では、女性社員が年をとればとるほど、ため息の数が増えていく。ここに勤め続ければ、私もあんな風にため息をつくようになるのかな…」(28歳・食品メーカー)

「先輩たちは、『仕方ないよ』『どっちでもいい』のような、諦めの言葉を言うことが多い気がする」(26歳・アパレル)

年齢を重ねれば重ねるほど、諦めることが多くなるものですよね…。だけどため息ばかりをついていたのでは、あっという間に「おばさん」になってしまいますよ!
心も体も元気に保って、晴れやかな言葉づかいやしぐさを心がけましょうね!

耳が痛くなるような、後輩たちの指摘でしたね。しかしこの事実から逃げずに、自分の年齢と体力、気力を見つめ直すことで、いつまでも「ステキ!」と尊敬される先輩になることは可能ですよ!

お役立ち情報[PR]