お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

世界の離婚率はどのくらい? 日本の「3組に1組が離婚」は高いのか?

日本でも離婚する人が増えており、このまま離婚数が増えるとアメリカ並みの離婚率になるなんていわれています。ちなみにアメリカでは「結婚した2組のうち1組は別れる」とよくいわれますね。今回は、離婚に関するデータを調べてみました。

【離婚歴が再婚に不利にならない? 現代とくらべて羨ましい「昔の婚活事情」】

■世界の離婚率は!?

厚生労働省が2015年1月1日に発表した『人口動態統計の年間推計』によれば、日本の離婚率は「1.77」です。これは人口1,000人当たりの離婚件数です。
では、世界各国の「離婚率」はどうなっているのでしょうか。

世界主要国の離婚率を比較してみました。

■世界主要国の離婚率

第1位 ロシア 4.5
第2位 アメリカ 3.6
第3位 ドイツ 2.19
第4位 イギリス 2.05
第5位 フランス 1.97
第6位 日本 1.77
第7位 イタリア 0.91

G8各国のうち、7カ国の離婚率ランキングはこうなっています(カナダは下記の国連のデータになし)。ロシアがダントツで多いですが、イタリアの離婚率の低さにも驚きですね。イタリアでは、ぎりぎりですが人口1,000人当たりの離婚が1件に達していません。

また上記の中でもっとも離婚率の低いイタリアは夫婦別姓を取っている国です。このことからも夫婦別姓が「夫婦間の絆を弱める」といったことはいえないことが分かりますね。

⇒データ出典:厚生労働省の『人口動態統計の年間推計』
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei14/index.html

⇒国連の「Demographic Yearbook」のページ 「離婚率」はTable 25
http://unstats.un.org/unsd/demographic/products/dyb/dyb2013.htm

■婚姻率と離婚率を比較してみると……

ここで大事になるのは、婚姻率と離婚率の比較です。では、離婚先進国なんていわれるアメリカと日本のデータを比較してみましょう。ちなみに、婚姻率とは人口1,000人当たりの婚姻件数を表したものです。

■日本とアメリカの「婚姻率」と「離婚率」の比較

●アメリカ

婚姻率:6.8 離婚率:3.60

●日本

婚姻率:5.2 離婚率:1.77

アメリカでは、人口1,000人当たりの結婚6.8件ですが、離婚3.60件。
6.8件結婚しても3.60件の離婚が発生するわけで、つまり「結婚した2組のうち1組は別れる」という、よくいわれる言葉が(ちょっと乱暴ですが)正しいことが分かります。また、このデータを見る限り「1組以上別れる」傾向があることが分かります。

同じように考えると、日本の場合「2.9組に1組」が別れていることが分かりますが、まだアメリカの状態にまでいってないことも分かります。とはいえ約3組に1組が離婚している日本。その離婚の原因はなんなのでしょうか?

わが国日本における離婚の原因ワースト3

「離婚慰謝料安心相談所/みんなの夫婦生活」の調査結果によると、離婚原因のワースト3は以下のとおり。

■ワースト3位:経済的理由

夫の言動が原因で離婚経験がある女性1,488人のうち有効回答が得られた107人の調査結果によると、離婚理由のワースト3位は11.2%が選んだ「経済的理由」という結果に。この結果から結婚生活は綺麗事では済まされない面が大きく、経済的な事情によって婚姻生活の継続が困難になるカップルが、およそ10組に1組存在することが読み取れます。

■ワースト2位:男性側の不倫・浮気

続いて、17.8%が選びワースト2位になっていた理由は「夫の不貞行為」でした。およそ5組に1組の離婚夫婦は、夫の浮気・不倫が原因で破局を迎えているよう。

■ワースト1位:性格の不一致

35.5%が選んだ離婚理由の1位は「性格の不一致」。金銭感覚や時間感覚など価値観の違いや、寝る時間や起きる時間など生活習慣の違いは、お互い違う家庭で生まれ育ってきたら当然あるもの。ですがその感覚の差が大きすぎると、簡単に乗り越えられる問題ではないようです。3組に1組の離婚夫婦は、性格の不一致で離婚しているようです。

※ 離婚する女性の慰謝料の実態 – VIM株式会社

世界の離婚率(2015年版)、いかがだったでしょうか? 今や3組に1組が離婚し、離婚率も上昇傾向にある日本ですが、主要先進国の中ではまだ低い方だと分かりましたね。また離婚の原因としてはパートナーの不貞よりも、「性格の不一致」をあげる人が多い実態もわかりました。結婚してから、この人とは「合わない!」とならないよう、事前に相手を見極めたいものですね。そうして、このまま離婚率が上がることなく婚姻率だけ上がるようになるといいですね。

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]