お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ヘアカットする前に、女性として知っておくべきこと5個「自分の顔の形」「髪質」「ライフスタイル」

女性にとって、ヘアスタイルはとても大切。自分の気に入ったヘアスタイルでいると、気分もハッピーに、ポジティブになれます。反対に、気に入らないヘアスタイルだと一日中落ち込んでしまう原因に…。

【地味に見えない黒髪にイメチェンする方法】

自分に一番似合うヘアスタイルを見つけるためには、まず自分自身のことをよく知っておくことが大切です。そこで、数多くのセレブのファッションやヘアスタイルを手がけるマーク・タウンセンドが、ヘアカットの前に全ての女性が知っておくべきこと5個を教えてくれました。

1、自分の顔の形を知っておく
まずは自分の顔の形が四角顔なのか、丸顔なのか、卵型、逆三角形型なのかを知っておくことが大切です。タウンセンドによると、自分の顎の形を見ることで顔の形が見極められるとのこと。

もし顎が横に張り出すような形であれば、四角顔。顎から耳へのラインが丸みを帯びていれば、丸顔。顎の先が尖っていて耳に向かって丸みを帯びていれば卵型。顎の先が一番尖っていて耳に向かって直線であれば逆三角形型。

自分の顔の形がわかったら、今度は紙に顔の形の絵を書き、顔が卵型になることをゴールにして、ヘアスタイルを描いていきます。ヘアスタイルを描いた後に、顔の部分が卵型になればOK。もし、もともと自分の顔が卵型であれば、どんなヘアスタイルでも似合います!

2、自分の髪質を知っておく
自分の髪質が太めなのか、クセっ毛なのか、細めなのか、まっすぐストレートタイプなのかを知っておきましょう。そして、自分と似たタイプの髪質を持つセレブやヘアモデルがしているヘアスタイルを選ぶことが、理想のヘアスタイルを手に入れる近道です。

3、現実的になる
ヘアカタログやセレブのヘアスタイルを見て、「こんなヘアスタイルにしたい!」と思っても、それはプロのヘアスタイリストがアイロンやコテを多用して作ったヘアスタイルだったという場合もあります。ヘアスタイルを決めるときには、理想の追求だけでなく、現実的になることが大切。

ヘアスタイリストとよく相談しながら、自分が毎日キープしやすい髪型を選びましょう。

4、自分のライフスタイルを考慮する
毎日ヘアスタイリングに時間をかけられるという人は、手の凝ったスタイリングを必要とするヘアにも挑戦できます。一方で、ヘアスタイリングに毎日時間をかけられないという人は、洗いっぱなしでもスタイリングが決まるようなヘアを選ぶことが大切です。

5、ヘアカットをする心の準備ができている
思い切ってヘアスタイルを変えるときは、1ヶ月以上前からよくよく考えて決めることで、後で後悔のしないヘアカットができます。自分のなりたい姿が明確にイメージできて、心の準備がしっかりできたらヘアサロンへ行きましょう!

参考サイト:
5 things every woman MUST know before getting a haircut
http://www.cosmopolitan.com.au/beauty/hair/2015/1/things-to-know-before-getting-a-haircut/

お役立ち情報[PR]