お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

画面の中で何思う?「1日4時間、画面の中で微笑み座り続ける青年」が話題に―ユーチューブ

オンライン動画、延々とご飯を食べ続ける韓国の女性など、ユニークなコンテンツが話題をさらう昨今、海外で新たに異色の動画が話題に。ベンジャミン・ベネットさんは、毎日4時間、ただただ画面の前に座り続け、ただただ微笑み続けるという異色のチャンネルを提供。

【米CIAのつぶやきって?ツイッターアカウント開設後30分で3万以上のフォロワー】

サイト:https://www.youtube.com/watch?v=vyE34GHtmb8

過去6ヶ月間、こうした動画の配信を続けているというベンジャミンさんは、計120時間以上分をアップロード。何の説明もなく、サイレントの空間であぐらの姿勢で床に座り、カメラのレンズに向かい微笑み続けています。

ビデオの閲覧数が増えるにつれ、観た人の間では、「アートだと思う」、「瞑想だと思う」という声のほか、「頭がおかしいのかも?」との声も。

そんな憶測が飛び交う中で、ついに北米で展開するカルチャー誌「Vice」が彼とのインタビューを断行。でも、「なぜこの動画を配信してる?」の問いには「自分でもよく分からない」との答え。「インターネット上で欠けてるものだと思った。

やるべきことのように感じたものの、誰もやろうとしていなかったので。特段の目的があるものではない」と話しています。そんな彼の元には、やはり「なんでこんなことをしているのか」というメールが一杯届いているそう。

ただ、彼によると、彼自身のやっていることに対して適切な質問でなく、一応「パフォーマンス・アート」の範疇に入るものだと認識しているのだとか。また、ビデオを観て「“理解できない”という反応が“正しく理解できている”ということだと思う」とも。

そんな彼、一度は撮影中にトイレに立ったことがあるほか、なんと他人が家の中に入ってきて、彼に声をかけてきたことも。ただ、その時にも彼は微動だにせず、微笑み続けたとのこと。

こんな不思議な“パフォーマンス・アート”を、できることなら正式な仕事にしたいという彼、でも彼のサイトのクリックボタンを通して集まっている寄付は現在24ドル。そのうち半分はお母さんからだとか…。いつか夢の本業に出来る日が来るのでしょうか?

参考:
For Some Reason, This Guy Is Filming Himself Just Sitting and Smiling for Four Hours a Day
http://www.odditycentral.com/news/for-some-reason-this-guy-is-filming-himself-just-sitting-and-smiling-for-four-hours-a-day.html

お役立ち情報[PR]