お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「察しない」「オムツを替えない」子育てママに聞く「自分の旦那に心底腹が立った」瞬間

家事・育児に積極的な「イクメン」が増えてきたとは言われていても、まだまだ奥さんに家庭の多くを任せっきりの男性も少なくないもの。子どもを持つママが「うちの旦那、マジで使えない……」と思った瞬間はどんなときでしょうか。

【“夫婦の地盤”が揺らぐ理由 「子育て」「愛情不足」よりも一番は○○!】

子育て経験を持つ女性読者にアンケートしました。

調査期間:2014/12/23~2015/1/5
有効回答数689件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

今回のアンケートで子育て経験があると回答した女性のうち、「旦那、マジで使えない……」と思ったことがある女性は53%にものぼりました。それでは、回答結果を見ていきます。

■オムツ

「うんちをしたオムツを替えたがらない」(32歳)

「子どものオムツを替えられない」(32歳)

「オムツ替えや沐浴など、いちいちおろおろする」(30歳)

ママにとっては毎日当たり前にやっていること。それすらできない、やりたくないのは子育て以前の問題?

■夜泣き/寝かしつけ

「子どもが夜泣きしても起きない」(40歳)

「夜泣きで私が睡眠不足だったときも、家事を一切手伝ってくれなかった」(33歳)

「子どもを寝かしつけに行ったはずが、自分が先に寝ていた」(29歳)

疲れているから寝たいのはママもパパも同じ。どちらか一方に役割を押し付けないようにしたいものです。

■家事全般

「家事はろくにできないし、食事の準備片付けや掃除はもちろん、ゴミ捨てさえままならない。整理整頓もできなくて部屋はぐちゃぐちゃ、服は全部脱いでその辺にポイ捨て。育児ができなくても仕方ないけど、家事一切ができなくて邪魔だった」(29歳)

「何かを察することができないので、いちいち指示を出さないと動けない。そのくせ、命令するなとか言う」(30歳)

ママがすべてをやってしまうと、パパが動かなくなります。ときにはパパにすべてを任せてしまってもいいかもしれません。

■機嫌がいいときだけ……

「子どもの機嫌がいいときだけ抱っこして、泣いたら『泣いたよ』と渡してくる」(30歳)

「子どもが泣いていてもあやさない。機嫌の良いときだけ相手する。普段から私に『感情的になるな』と言う割に、子どもがぐずったら頭ごなしに怒る」(32歳)

気分に任せて動いているようでは、子育ては務まりません。

■その他

「子どものためにおもちゃ売り場を見てくると言われたけど、実際にはパチンコしに行ってた」(29歳)

「2度と出産には立ち会わないと言われて……」(36歳)

世のパパたちは、自分が逆の立場だったらどうかということを考えてみるといいかもしれません。

家事・育児の役割分担について、パパとママの双方に合意が取れていても、実際にはその範疇を超えて助け合わなければうまくいきません。「うちの旦那使えない」なんて悲しい言葉が生まれる前に、たくさんの「ありがとう」が生まれるハッピーな家庭を築いていきたいものですね。

(佐藤育児+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]