お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

25%の女性が失敗! これは注意したい、似合わなかった流行りメイク12選「赤ルージュ→妖怪」「太眉→イモト」

ファッションと同じく日々流行が移り変わるのがメイクです。季節やイベントやその日の気分によっても変える人もいるのではないでしょうか。そこで働く女子にメイクについて聞いてみました。

「そのメイク怖い」……モテたいと思ってばっちりメイクしたら、男性から受けた厳しいひとこと!

Q.はやりメイクをやってみたけど、似合わなかったことはありますか?

「ある」25.4%
「ない」74.6%

「ある」と答えた人にそれはどんなメイクだった? どんな風に似合わなかったの? 詳しく聞いてみました。

■目元

・「タレ目メイク。もとの目の輪郭と合わず不自然だった」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「つけまつげです。まつげのボリュームに顔が負けてしまいました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「涙袋メイク。なんか違和感あった」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「アゲハみたいなキャバメイク。目だけやったので、汚いし浮いていた」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

顔の印象を一番大きく左右する目元のメイク。少しでも目を魅力的に大きく見せるためにみなさん涙ぐましい努力をしています。

■眉毛

・「太眉毛は、もさく見えて似合わないと周りから言われて悲しかった」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「太めの眉。やぼったい感じになってしまった」(33歳/その他/その他)

・「太い眉毛をやったら、もともと太い眉毛なのでイモトのようになってしまって、結局もとの眉に戻した」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

もさい印象・やぼったく見えるなどの意見が多く、旬メイクの太眉は素人にはとてもハードルが高いようです。

■リップ

・「真っ赤なルージュをトライしたら妖怪みたいになった」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「赤リップ。色が白いので赤がどぎつく浮く」(22歳/小売店/事務系専門職)

・「赤い口紅。オバQになった」(31歳/その他/事務系専門職)

雑誌のモデルさんを見てかわいい! と一度は挑戦したことがあるのではないでしょうか。残念ながら無残な結果となってしまった人が多く、赤リップは全体のメイクとのバランスが一番難しいです。

■全体

・「濃すぎるギャルメイクは自分の顔が幼いので、どうしても無理しているようにしか見えなかった」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「チークを濃くほっぺの真ん中に入れる。雪国の子供みたいになった」(32歳/金融・証券/専門職)

もともとの顔立ちが大人っぽい、幼いなどがありますので、顔立ちが生きないメイクは悲しいことに違和感しか生まないようですね。

いかがでしたか? 自分の思い通りにメイクが決まるとうれしいですし、それだけで1日が楽しくなるものです。やりすぎない程度にワンポイントずつ流行のメイクを取り入れるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月10日~1月24日にWebアンケート。有効回答数205件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]