お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 健康美人ラボ

イライラ、不調もコントロール! 「生理周期の記録」のメリット3つ

毎月、避けて通れない女性の生理。女性として必要なこととはいえ気分的には憂鬱という人も多いのではないでしょうか? でも、きちんと生理周期を記録すれば、健康管理にも役立つ上に、生理前後の予定も立てやすくなります。今回は、「生理周期の記録」について女性たちの実態を探ってみました。

Q.あなたは、毎月生理周期を記録していますか?

している……56.7%
していない……43.3%

半数以上の女性が生理周期を記録しているという結果に。では、その理由や生理周期を記録することで役に立つことを聞いてみましょう。

■生理予定日を避けてスケジュールを組める

・「次の月の予定を立てるときに参考にして、生理中に大切な用事はなるべく入れないようにする」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「手帳にアナログだけど書いている。旅行とかの計画が立てやすい」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「スマホで記録している。調子が悪くなる日を予測して、イベントなどを決めている」(34歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

次の生理予定日がわかれば、その日を避けて旅行やイベントの計画を立てることができるので、体調が悪くて旅行が楽しめなかったという残念なこともなさそう。スマホに記録しておけばいつでも確認できるので便利ですね。

■体調管理に役立てる

・「自分の体調管理になる。基礎体温や気分と体重などほかの要素も書くことで自分のサイクルがわかる。イライラなどほかの人に迷惑がかからないようにできる」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「生理用品をつけるか目安になるし、なんで体調が悪いかとかわかるから」(26歳/医療・福祉/専門職)

なんとなく体調が悪いと感じたときに生理の周期がわかっていれば、生理前の体調不良なのか別に原因があるのかを判断できそう。基礎体温や生理予定にともなう体重、気分の変化などもこまめに記録しておくと普段とのちがいがはっきりわかりますね。

■PMSに対応できる

・「PMSがあるので。もうすぐイライラするな、というのが自分でわかると落ち着いて過ごせる」(29歳/農林・水産/営業職)

・「PMSがひどいので、生理周期を把握して漢方を飲んでいるから」(24歳/情報・IT/技術職)

生理周期を把握することでPMSを軽減するための漢方を飲んだり、自分自身の気持ちを落ち着かせる効果があるという女性も。このツラさや気分の悪さは生理のせいだと思えば余計なイライラもなくなりそうですね。

いかがでしたか? 生理が重い人ほどしっかりと周期を把握して健康管理に役立てているようです。生理がくるとわかっていれば、一番ツラそうな日にデートや仕事の予定を入れなくてもよいので自分自身も気が楽ですよね。長い付き合いになる生理ですから、自分でコントロールする方法も身につけておきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数247件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]