お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

結婚願望出し過ぎはNG!彼氏の気持ちを冷めさせる彼女の言動

適齢期の女性の中には頭が”結婚”の2文字で埋め尽くされてしまう人が増えてきます。将来の不安からでしょうか、心の余裕がなくなり、雰囲気は傍から見て気になるくらいギスギスする人までいます。

【彼のプロポーズを引き出す「結婚プレゼンテーション」6カ条】

確かに、適齢期で周りが結婚ラッシュとなると、考えたくなくても頭に浮かんでしまうもの。行き送れないように・・・行かず後家にはならないように・・・女性の結婚に対する執着は、男性が思っているよりも深いものなのです。

とは言え、いくら焦っているからといって、彼の気持ちを無視して結婚はできません。結婚は2人でするものなのですから、彼をその気にさせない限り女性の求める安定をつかめないということを忘れてはいけません。

そこで、女性の皆さんに、焦りのあまり要らぬ言葉を彼に吐いてしまい、結婚から遠ざってしまうことがないように、気をつけてもらいたいNGな言動をご紹介します。

いくら結婚願望があってもこんな行動はドン引き!

彼の両親に1人で黙って勝手に会いに行く、または、彼の友人たちに結婚を匂わすなど、周りから固めていく方法を取る人がいますが、実は男性からすると「まじかよ…」と引いてしまう女性の行動の1つです。

自然な流れでの両親との顔合わせだったら、彼自身も結婚を近々考えているという意味なので、嫌な気はしませんが、自分からガツガツしてしまうと男子は少し気後れしてしまうようです。

こんなセリフは彼のプロポーズを引き出すテクニックにもならない!

「ここまで引っ張っておいて、結婚しないとか言わないよね?」なんて自分が言われたらどう感じますか?男性にしてみれば嫌な意味でドキッとします。逃げ道がない切羽詰まった感じがして、男性からするとたまらなく窮屈に感じてしまうのです。せっかく結婚を視野に入れていた男性でも、この言葉で一気に冷めてしまう可能性があります。

信用も何もないのかな?という嫌な気持ちが残り、彼女との生涯を共にする結婚に対して、考え直してしまう言葉だと思います。

「おまえの結婚願望は楽するため?」と彼に思わせてしまうNGワード!

「結婚したら、専業主婦になりたい」と心の底で思っていても、それを口に出してしまうのはNGです。結婚=楽になりたい、そんなイメージを持垂れてしまいます。専業主婦宣言をするより、「家事も色々大変だろうけど、家計を支えるためにパートに出た方がいいかな?」くらいのことを言った方が、「いやいや、俺が頑張るから、お前は家を守ってくれ!」という言葉を引き出せます。

「お互いは平等の立場」をアピールするなら下準備が必要!

「結婚したら、家事とか分担するのなんて、今の時代普通だよ?」なんてストレートに言うと男性は機嫌を損ねます。最近は主夫も浸透してきましたが、「家事はやっぱり女の仕事でしょ?」と思っている男性が多いのは事実。結婚が決まってからお互いの分担を決めるならOKですが、プロポーズより前に、結婚後のリアルな生活の話をされると余計に結婚に踏み切れなくなる男性が多いんです。

自分の気持ちしか考えられない相手を誰が嫁にする?

「義父母と同居とかは絶対にないな~」なんて、自分が言われる立場だったらどうでしょうか?好きな彼の親を真っ向から否定する女性を、男性はお嫁さんにしたいと思うでしょうか?本当に同居したくないとしても、ストレートに口に出すか出さないかは人間性の問題。そこはテクニックを使って、上手に彼の気持ちを誘導するようにしましょう

結婚願望ではなく結婚式願望ばかり強い彼女とは付き合い切れない!

結婚式のイメージばかり膨らませて、現実的にいくらかかるか考えていない女性。結婚に夢ばかり抱き、結婚式の妄想ばかりしている女性には、男性は正直うんざりします。それだと「結婚したい」じゃなくて「結婚式がしたいだけだろう」と感じてしまいます。

マスオさんになるには男性だって心の準備が必要!

「結婚したら、うちの両親と暮らそうよ」なんて言い出す女性も今の時代は少なくないのかも。確かに、最近では、婿養子でなくても奥さん側の両親と暮らすパターンも増えていますが、まだ結婚も決めていない段階で「マスオさんになって!」は、さすがにやる気が無くなります。「彼女が楽をしたいだけだろう」と感じて、一気に結婚する気が失せてしまうかもしれません。

プロポーズされる女性になるためのテクニックを伝授

女性が結婚に対して焦れば焦るほど、男性はどんどん逃げてしまいます。ですから、「結婚するなら彼がいい!」と思っている女性のために、どうしたら彼からプロポーズしてもらえるようになるのか、テクニックを伝授しましょう。

結婚願望を匂わせない!

彼に結婚を意識させたいのであれば、自分の結婚願望は表に出さず、自分から「結婚」の二文字を使わないようにすることが大事です。結婚に対する焦りを見せないことで、彼自身が考えます。男性は自分主動で行動したい生き物ですから、決めたのは自分と言うところが欲しいのです。彼に「この人しかない」と思わせるための努力をしながら気長に待ちましょう。

彼の両親に対する気持ちを利用

彼に「あなたの両親って素敵だね!」「良いお父さんとお母さんだね!」と事あるごとに彼の両親を褒めるというのもテクニックの1つです。自分の親を褒められて嬉しくない人はいません。男性が結婚を意識するときに多い意見は「両親と仲が良い」「この子なら、親にも良くしてくれるだろうな」と思った時というもの。日頃から褒めていたら、本当に良い部分が見えてきて、本当に良いお嫁さんに慣れるかもしれません。

「おまえといると幸せだ」と彼の気持ちを動かす女性になる!

男性に未来を感じさせる女性は、やはり女性としても人としても素敵なところがある人です。尊敬できる所があり、男性に寄りかかるだけの生き方でなく、自分の足でも立てるようなポテンシャルの高さを持っていると、男性に「この人と一生を共にしたい」と感じさせることができます。

男性は女性に比べて、自分自身のために結婚するという執着はあまりないかもしれません。どちらかといえば、彼女のためにという意見が多いのも事実。その分そろそろ彼女も結婚適齢期だからという焦りは男性の中にもちゃんとあります。ですから、女性側が変に焦って自ら墓穴を掘るような行動はしない方がいいでしょうね。

お役立ち情報[PR]