お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女性にこっそり聞いてみた! カラダに自信がなくて、彼を拒絶してしまったことはある?

彼とデートして、いざそういう雰囲気になったとき、焦ることはありませんか? たとえばぽっこりおなかが気になったり、ボディケアが甘かったり……。今回は「自分のカラダに自信がなくて、彼を拒絶してしまったことがあるかどうか」を働く女性のみなさんに聞いてみました。

Q.あなたは、自分のカラダに自信がなくて、彼を拒絶してしまったことがありますか?

ある……16.1%
ない……83.9%

なんと8割以上の人が「拒絶したことはない」という回答でした! みなさん普段からカラダに磨きをかけているのでしょうね。では「拒絶したことがある」と答えた人の、具体的な理由を見ていきましょう。

■ムダ毛の処理をしていなかった

・「ワキや乳輪の毛を処理してなかった。体形は暗くすればある程度隠せるけれど、毛はばれるので拒絶せざるを得なかった」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「毛の処理をまったくしていなくて、見せられないと思い拒絶した」(25歳/医療・福祉/専門職)

ムダ毛の処理をうっかりしていなかったために、断ったという回答が多くありました。毛深い人ならなおさら「見せられない!」と思ってしまいますよね。

■おなかの肉が気になって

・「おなかまわりの肉が気になってしまい、見られたくなくて拒絶した」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「おなかが気になってしまって、無理だったから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「おなかがぷよぷよで自信を持てない」(27歳/電機/事務系専門職)

おなかまわりの肉が気になって、拒絶してしまった経験のある女性も。しぶとい下っ腹の肉は、できれば彼には見られたくないですよね。

■肌の調子が悪かった

・「アトピーがストレスでひどくて裸になれなかった」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「肌が荒れていたころ、見られたくなくて拒んでしまった。でも無理やり脱がされて、布団に入れば恥ずかしくないからと言って全部受け止めてくれた」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

肌が荒れているときは、彼に「ガサガサ」な肌触りを感じてほしくないという女心から、拒んでしまうこともあるみたい。でも、「全部受け止めてくれた」彼は本当に素敵な人ですね!

■胸が小さくて

・「胸がないから、裸になりたくない」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「胸は小さく、毛深いということが恥ずかしくて本当に申し訳ないなと思った」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「胸がないからびっくりされたらいやだなと思って」(29歳/生保・損保/営業職)

女性のお悩みのひとつとしてよく挙がる、胸の大きさ。小さいことにガッカリされるのが嫌でなかなか心を開けない女性は多いようです。

いかがでしたか? 他人から見ると「そんなに悩むことないのに!」と思う問題も、本人にとってはかなり深刻だったりしますよね。でも、大好きな彼との愛を深める場面で、ムードを壊さないためにも、普段から自信を持って見せられるようなカラダ作りをしておきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数205件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]