お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ジャンルは「虫眼鏡画」?!虫眼鏡と太陽光で描いた絵がスゴイ!

世界にはさまざまなアートが存在します。ペンキを付けたグローブで壁画を描いたり、鉛筆の芯を彫刻したり、アイデア次第で新しい芸術を生み出すことができます。その発想がすでにアートといえるかもしれません。

【熱っ!みんな熱が高い!―動物の体温はこうなっている】

今回ご紹介するのは、これまた意外な手法の絵画。とにかく根気が必要な「虫眼鏡画」です。

子供のころの理科の実験までアートになってしまう?そんな、奇想天外な方法ながらも確かに完成された芸術作品を米サイトBored Panda(http://www.boredpanda.com/sunlight-drawing-pyrography-art-jordan-mang-osan/)よりお届けします。

ここに登場するのは、版画のようなモノトーンの絵画です。フィリピンのアーティスト・Jordan Mang-osanによって描かれました。彼が絵の製作に使用した道具は二つ。それは、太陽と虫眼鏡です。

小学生のころ、虫眼鏡で紙を焦がす実験をしましたよね?太陽がレンズを通って一点に集中しているだけなのに火が点くことにワクワクした方も多いのではないでしょうか。Mang-osan氏はそれを利用して木の板に絵を描くことを思い立ったのです。

Mang-osan氏が描くのは自然豊かな風景や、ある民族の文化などです。実はこれらの絵の題材になっているものは彼の故郷である、フィリピンのコルディレラ地方。世界最大の棚田といわれ、世界遺産にも登録されている山地です。

Mang-osan氏はその地の部族・イゴロット族の出身なのでした。

彼は太陽の力を借り、長い時間をかけて、故郷の文化と自然の姿を描きます。その根気の中にはふるさとに対する愛情が込められているのかもしれませんね。

(文/訳 木口マリ)

写真/記事提供:Bored Panda (http://www.boredpanda.com/sunlight-drawing-pyrography-art-jordan-mang-osan/)

More info: fineartamerica.com (http://fineartamerica.com/profiles/jordan-mangosan.html)
Facebook (https://www.facebook.com/TamawanVillage)
h/t: mymodernmet (http://www.mymodernmet.com/profiles/blogs/jordan-mang-osan-solar-pyrography-drawings), visualnews (http://www.visualnews.com/2014/10/07/painting-sun-solar-pyrography-drawings-jordan-mang-osan/)

お役立ち情報[PR]