お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 スキンケア

う~、つらすぎる! 女性たちを困らせる「冬の肌トラブルと対処法」4選 

季節によって肌の状態は変わっていくので、それに合わせたケアは必須。寒い冬にはこの季節ならではのトラブルに悩まされるという女性も少なくないですよね。今回は冬の肌トラブルと対処法について女性にアンケートをとってみました。

■足の裏がガサガサ

・「かかとがガサガサになる。対処法は角質を削ってからクリームをつけること」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「足の裏が硬くなるので、毎日ヴァセリンをすりこむ」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

元々、角質が厚くなりやすいかかとですが冬の間は乾燥もさらにひどくガサガサになりがち。単に保湿するだけでは治らないという人は、しっかりと角質を取ってから保湿ケアをしてあげると少しはマシになるかもしれませんよ。

■かゆくなるほど肌が乾燥する

・「乾燥で肌がかゆくなってかいてしまう。クリームを塗って保湿するようにしている」(34歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「乾燥で肌がかゆくなり、ニベアをこまめに塗る。おととしくらいにブームになったことで、人前で使うことに抵抗がなくなった(それまでは安物なイメージだった)のでこまめに塗っている」(29歳/農林・水産/営業職)

乾燥しすぎてかゆくなってしまうという人も多いようですが、対処法としてはクリームをとにかく塗り込むというのが多いみたいです。テレビで話題になったニベアは保湿効果だけでなくコスパが高いのもうれしいですね。

■毛穴のつまり

・「毛穴のつまり。毎日きちんと洗顔、クレンジングをしてもすぐに角栓がつまること」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「乾燥してしまう。大人になり、ニキビも冬にもできるようになった」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

乾燥してそれほど脂浮きもしていないはずなのにできてしまう大人の冬ニキビ。皮脂だけでなく、ターンオーバーが正常に行われず角質が厚くなってしまうこともニキビや毛穴のつまりの原因になるので、角栓を取るだけでなくマッサージなどで肌を元気にしてあげることも大事ですよ。

■全身が粉をふく

・「腕、足、背中、おなかと、体中に粉がふく。特に黒のタイツやパンツスーツを着たときに内側が真っ白になる。この時期になると『セラミド』のサプリを取るようにしていて、比較的治まっていると感じます」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「乾燥してかさついたり、夕方になると粉をふいたりする。保湿効果の高い化粧水に切り替えています」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

洋服を脱ぐと白い粉が舞うほどの乾燥に悩まされる女性も多いようですね。外側からの保湿ケアだけでなくサプリなども活用してつらい冬を乗り切りたいものです。

■まとめ

冬の肌トラブルといえば、とにかく「乾燥」。顔やカラダが粉を吹いてしまったりかゆくなったりといったひどい乾燥に悩まされている女性は少なくありません。保湿効果の高い化粧品で外側から、体を冷やさないケアで内側からしっかりと乾燥を防いでおきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数247件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]