お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

市販の風邪薬を利用するタイミングは「軽い鼻水、せき、のどの痛み、だるさなどを感じる」が6割弱で最多

風邪薬を利用するタイミング

マイボイスコムは、4回目になる「風邪薬」に関するインターネット調査を1月1日~6日に実施し、10代~50代以上の男女11,217人の回答を得た。

【すぐ薬を飲むのは逆効果!- 「風邪の引き始め」本当に正しい対処法とは】

同調査によると、風邪をひいた時、「市販の風邪薬を利用することが多い人」は48.0%になり、過去調査と比べて減少傾向。一方、「風邪薬はほとんど利用しない人」が30.6%で増加傾向であった。

市販の風邪薬選定時の重視点は、「効能・効果」が57.9%、「価格」が42.9%が上位2位。以下「錠剤、粉末、液体など、形状」「成分」「飲みやすさ」「メーカー」が各2割前後という結果。「効能・効果」「錠剤、粉末、液体など、形状」「飲みやすさ」は、女性が男性を10ポイント以上高くなっている。

市販の風邪薬を利用するタイミングは、「軽い鼻水、せき、のどの痛み、だるさなどを感じる」が55.4%で最も多く、「鼻水、せき、のどの痛み、だるさなどがひどい・つらい」が39.6%、「熱がある」が25.5%で続いた。

市販の風邪薬の使い分け

市販の風邪薬利用者のうち、症状やひいた時期などにより「複数の種類を使い分ける」人が28.1%、「特定の銘柄を主に利用する」人が54.9%になり、「複数の種類を使い分ける」は女性の方が多いという回答結果だった。

■ 回答者のコメント

その風邪薬を最もよく利用する理由 (全7,815件から抜粋)
「パブロン」
・花粉の時期とか鼻炎薬でパブロンを使っていて良く効くので風邪薬もパブロンを使っています。(男性20歳)
・症状によって幾つかの種類に分かれている。とてもよく効く。(女性55歳)
・通年で家に常備してあるから。何度か風邪にかかったときに、治った実績から。(男性46歳)
「ルル」
・家族全員で長く使用してきている。副作用などの心配が少ない気がする。(男性48歳)
・子供も飲めるから、いつもルルを購入します。(女性37歳)
・鼻が詰まるような風邪が多く、ルルが一番効いたため。(男性19歳)
「ベンザブロック」
・ここ数年風邪の引き始めによく効いたから。(女性45歳)
・含有成分に眠気を誘発する物が含まれていない為。(男性35歳)
・症状事に色分けして効果を別けているから。(男性32歳)

(エボル)

お役立ち情報[PR]