お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 不調

なんてやさしいの! 生理中、彼がしてくれてうれしかった3つのこと

生理のときは、体調も悪いし気分も落ち込みがちなので、ちょっとしたことでもイライラしがちです。そんなとき、女性のことを気遣っていつも以上にやさしく接してくれる彼氏がいると、「この人と付き合っていてよかった」と思えることもありますよね。今回は、生理中に彼がしてくれてうれしかったことについて、働く女子に聞いてみました。

■マッサージしてくれた

・「腰のマッサージ。痛みが和らいでうれしかった」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「お腹をなでなでしてくれること。痛みが少しおさまる気がする」(31歳/機械/営業職)

・「お腹が痛いと言ったら、お腹に手を当てて温めてくれた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

腰やお腹が痛いときに、彼の大きくて温かい手でマッサージされたら、痛みも少しは和らぎそう。痛いところに手を当ててくれるだけでも温まって、気分的にもラクになりますよね。

■やさしい言葉をかけてくれた

・「『気にしなくていいよ』『つらくない?』など体調を気遣ってくれた。彼のやさしさを感じてうれしかった」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分の体調を気遣ってくれて、『大丈夫?』とか、声をかけてくれたこと。痛みを共有することはできないけれど、心配してくれるだけでうれしい」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「生理中でも『家に泊まって大丈夫だよ』と、家に泊まらせてくれて、『シーツを汚しても気にしないよ』と言ってくれたこと」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

自分の体調を気遣うようなやさしい言葉をかけてくれるだけでうれしいという女性も多いですよね。痛みがおさまらなくても彼のやさしさは十分に感じることができそうです。

■体調に合わせたデートをしてくれる

・「気を遣ってあまり動かなくていいお家デートが多いです」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「遊ぶときなどに動く範囲を少なくしてくれるように配慮してくれたこと」(22歳/情報・IT/技術職)

生理中はデートもおっくうになることがありますが、あまり動かなくてもいいデートを考えてくれるような彼なら、生理でつらいときでも無理して会いに行きたくなりそうですね。

■まとめ

生理だからといって彼に特別なことをしてほしいわけではなく、いつもより少しやさしくしてくれるだけでいいという女性が多いようですね。「面倒だな」と思わずに、自分のことを気遣ってくれる彼の言動に、愛情をたっぷり感じられるようです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数143件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]