お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

その努力、実は効果ナシ!? 女性に聞いた「勘違いスキンケア」エピソード

キレイな肌を手に入れるための努力は惜しまない! という女性は少なくないはず。でも、実践していたけれど効果を感じなかった「スキンケア法」もあるようで……。そこで、女性のみなさんに「効果はないけれど実践していた『勘違いスキンケア』」について、聞いてみました。

■クレンジングをがんばっていたけれど……

・「角栓をとるために、すっぴんでもオイルのメイク落としで洗顔していた」(26歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「クリームタイプのクレンジングが肌にいいと知り使用していましたが、うまくメイクを落としきれず、吹き出物だらけになりました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

クレンジングとひと口に言っても、オイルタイプをはじめ種類はさまざま。それぞれのタイプごとのメリット・デメリットがあるので、自分の肌タイプや、メイクの濃さに合わせてピッタリのクレンジングを選ぶことが重要です。オイルでの角栓マッサージは、気をつけないと余分な皮脂までとってしまう可能性もあるので気をつけたほうがよさそう。

■冷水で洗う

・「水で引きしめ洗顔。実際は毛穴の汚れがきれいに取れずよくないらしい」(25歳/医療・福祉/専門職)

冷水で洗うと、肌がひんやりして気持ちがいいですよね。でも、冷水での洗顔は、化粧水などの成分が浸透しにくくなることもあるようです。

■化粧水をたたきこむ

・「肌に吸収させるため、化粧水などはたたき込むといいと聞いたことがあったので、おでこやほっぺた、あごや鼻筋にいたるまで、とにかくたたいた」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職)

肌に強い刺激をあたえるほど強く化粧水をたたきこむのは、負担がかかってしまうのでお肌によくないそう。やさしく包み込むように水分をあたえるようにするといいみたい。

■手作りパック

・「レモンパックをしていた近所のおばちゃんが、絶対にしちゃダメだと教えてくれた」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「キュウリパック。いいのかと思うけれど効果はないらしい」(28歳/電機/技術職)

自分で作れる手作りパックにまつわる意見も寄せられました。

「いい」と聞いて実践していたけれど、実はあまり効果がない……というスキンケア法はいろいろとあるみたいですね。でも、少しやり方を変えれば効果が実感できるものもありそうなので、自分で試してみるときは、正しいやり方をきちんとチェックするようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数191件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]