お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らない知識「温めた牛乳に膜ができる→ラムスデン現象」

ホットミルクを作ろうと牛乳を温めると、ゆばのような薄い膜があらわれます。これは牛乳に含まれる脂肪がタンパク質と結合したもの。この膜ができる現象を「ラムスデン現象」といいます。

【意外と知らない知識「うなぎの血は毒」】

この膜には栄養がたくさん含まれていて、食べても問題ありません。しかし、口当たりは良くないので、膜ができないようにするにはかき混ぜながら温めるといいでしょう。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]