お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

美容、健康、家事にもお役立ち!リンゴ酢の10の効果

最近何かと話題のリンゴ酢。気軽に手に入る上、コレステロールを下げてくれたり美肌効果があったり、その上お掃除にも万能という、嬉しい使い道がたくさん。今回はそんなリンゴ酢の、10つの使い道をご紹介。さあどれから試してみましょう?

【驚異!「リンゴ酢」の魅力5つ―減量、消化、イボ取る】

1.糖尿病に効果的

お酢にはグルコース(血糖値)を下げる効果があり、2型糖尿病をコントロールできます。2007年のアリゾナ州立大学の研究によると、寝る前に大さじ2杯のリンゴ酢を30gのチーズと共に摂取すると、グルコースが4-6%低下する効果が確認されたそうです。

2.食欲を抑えてくれる

2005年のスウェーデンでの研究によると、パンにお酢をつけて食べると、パンをそのまま食べるよりも早く満腹感を感じるそうです。お酢には酢酸という成分が含まれていて、食べ物に含まれるGI値を下げる効果があります。

3.コレステロール値を下げる効果

2012年、「ライフ・サイエンス・ジャーナル」で発表された研究によると、8週間リンゴ酢を摂取し続けると、コレステロール値を大幅に下げてくれる効果が確認されたそうです。高脂血症の症状改善にも効果的です。

4.ダイエット効果

まだその科学的根拠は薄いといわれてはいますが、日本の小さな研究所が2009年に発表した研究によりますと、毎日15-30mlの酢酸を水で薄めて毎日摂取する実験を3ヶ月間行った結果、被験者の多くに減量効果が認められ、お腹周りの脂肪がすっきりと減ったそうです。

食欲を抑えてくれる効果と併せて、ダイエットに有効です。

5.髪の毛がツヤツヤに

これもまだ科学的根拠が見つかっていないようですが、リンゴ酢ファンの多くが「髪の毛がツヤツヤになってフケもなくなった」という効果を実感しています。美容系のブログによると、水と1:1で割ってコンディショナーの要領で髪になじませ、15分ぐらい置いてから水で流すと髪の毛がツヤツヤに。

6.木製家具のツヤ出しに

サラダ油とリンゴ酢を1:1で割った液体で木製家具の表面を磨くとツヤツヤに。テーブルにグラス等で出来てしまった水のシミも綺麗にしてくれます。

7.消化を助ける

b+sの栄養士のリサ・ガイさんによると、毎食の度にリンゴ酢を摂取すると消化を助けてくれる効果があるそうです。胸焼けや消化不良、食後のお腹の張りなどに悩む人に特にお勧めです。

8.美肌効果

リンゴ酢と水を1:2で混ぜて、化粧水として使うと、シミやニキビに効果的。また、拭き取り化粧水の要領で使うと肌色を明るくしてくれるそうです。

9.イボ取り

これにも科学的根拠はまだ見つかっていないようなのですが、夜寝る前にリンゴ酢をしみ込ませたコットンをイボにあてて、一晩から24時間絆創膏で固定します。これを毎晩1-2週間続けると自然に綺麗に取れてしまうそうです。

10.お掃除にも便利

化学薬品たっぷりの市販の洗剤の代用品として家回りのお掃除に使えます。お酢と水を1対2で混ぜて拭き掃除でピカピカに。

参考記事
10 reasons to try apple cider vinegar
http://www.dailytelegraph.com.au/lifestyle/health/reasons-to-try-apple-cider-vinegar/story-fnivsueo-1227182045605

お役立ち情報[PR]