お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意志が弱いのは、1万年進化してない人類のせい!脳内の「原始人」に言うことを聞かせる方法

あー、ダイエット中なのに、また食べちゃった……。禁煙したいけど、どうしてもやめられない……。そんな経験、誰にでもありますよね。

【目標達成のために意志力を高める4つの方法「誓う」】

悪いクセが直せず、「私、どうしてこんなに意志が弱いのかしら……」と悩んだことはありませんか? 否! それは決してあなたが悪いわけではありません。人間の中に潜む、「原始人」の仕業だったんです!

人類のDNAは、1万年前とほとんど変わっていません。つまり、原始人とほぼ同じ。ストレスと回復に関する専門家ジェニー・エヴァンスによると、悪いクセが直せないのは自分の中の原始的な欲求や判断のせいだといいます。

「食べたい=食べる」と、シンプルに動いてしまう原始人。それを認めた上で、自分の行動を改善する最も良い方法は何か。それは、「原始人に気付かれないように行動する」ことです。改善したい行動は、遠回しに変えてみましょう。

たとえば、長電話癖をやめたいなと思うとき。長電話をしないように気を付けようとしても、作戦がシンプルすぎて原始人にすぐバレてしまいます。そこで、電話をするときは必ず立つことに決定。「電話とは直接関係のない不便を強いることで、結果的に通話時間が短くなる」といった具合です。

自分の中の衝動に負けないよう、原始人にバレない作戦を立ててくださいね。

参考:
One Remarkably Simple Secret to Changing Bad Habits Forever
http://www.inc.com/minda-zetlin/one-remarkably-simple-secret-to-changing-bad-habits-forever.html

お役立ち情報[PR]