お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

慰謝料1,000億円!驚愕の離婚劇

アメリカの石油王ハロルド・ハム氏は前妻との離婚調停で、約1000億円の支払いを命じられました。これは、2014年12月31日までに約322億円の支払い、そして、約650億円を分割して毎月7億円ずつ支払うこと、さらにハム氏の不動産に相当する額、約23億円を合わせた金額ということになります。

【いくらあると「お金持ち」なの?】

この金額だけでも、相当な驚きですが、ハム氏はなんと手書きの小切手でその全金額を前妻の弁護士に送ったそうです! しかも、前妻は受け取りを拒否したとのことです!
ハム氏、前妻ともに上告するということで、慰謝料はさらに高額になる可能性があります。

また、ハム氏は、この2年半の離婚調停の間に、すでに20億円ほどを費やしているということです。

もし、この手書きの約1000億円の小切手が受け取られていたとしたら、国をも揺るがす、お金の流れになっていたことは間違いありません。

この2人の離婚調停はまだまだ続く模様なので、もっと高額なやり取りがおこることは必至となっています。

ちなみに、ハム氏は自身がCEOを務める石油・ガス会社の株を68%保有していて、時価総額は約1兆6000億円に及ぶそうです。

一部の人たちは、庶民には想像もつかない世界で、生活していることがわかりますね。

参考:
Ex-Wife Rejects $975M Personal Check From Billionaire Oilman Harold Hamm
http://abcnews.go.com/Business/wife-rejects-billionaire-oilmans-975m-personal-check/story?id=28055210

お役立ち情報[PR]