お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

究極のイングリッシュブレックファストは8000キロカロリー!「18才以上限定」

トーストに卵、ソーセージ、ベーコン、ハッシュブラウン、マッシュルーム、トマトなど、本当に朝食?というボリュームで有名なイングリッシュブレックファスト。ブリストル近郊のポーティスヘッドという町にあるコーナー・カフェでは、モンスター・メガ・チャレンジとして8000キロカロリーもあるイングリッシュブレックファストを提供しています。

【ロンドンのB&Bに泊まって、本場のイングリッシュブレックファストを楽しもう!】

お値段は意外とお手ごろな15ポンド(約2680円)で、1時間以内に食べきるとトロフィーなどがもらえるそうです。挑戦する前に、具合が悪くなったらやめるなどのルールがのった同意書にサインしなければなりません。

このメニューの中身は、ベーコン6枚、ソーセージ6本、目玉焼き4個、オムレツ2つ(1つに卵3個ずつ使用)、炒めたポテト4人前、ブラックプディング(血の入ったソーセージ)4枚、ハッシュブラウン4つ、マッシュルーム4人前、ベイクドビーンズ(トマトソースで似た豆)おたま2杯、トマトおたま2杯、フライドポテト1人前、トースト4枚、揚げたトースト2枚、バターをぬったパン2枚、ミルクシェーク1杯で、なんと合計7778カロリーです。

賞品は、このメニューの次に多いイングリッシュブレックファストのお食事券(約1000円相当)、賞状、トロフィー、キーホルダー、さらに店内の壁に名前と写真がのせられます。
挑戦者は18才以上であることが条件で、もちろん他の人とシェアするのは禁止。始めて一週間で5人が挑戦しましたが、いまだ食べきった人はいません。

これだけの量ですが、調理時間はたったの10分!カフェとして冷めた料理は提供したくないのだそう。オーナーのルーシーさんは、アメリカのテレビ番組「Man v Food」を見ていてこのアイデアを思いつき、利益のためではなく純粋に楽しむために始めました。

食べ物がもったいないという声もありますが、この小さな家族経営のカフェでは毎年フードバンクへ寄付をしたり、チャリティマラソンに参加したり、慈善活動にも熱心です。
普通のサイズでも日本人にはちょっと重いイングリッシュブレックファスト。いつかこのモンスターブレックファストを食べきる人が出るのが楽しみですね!

参考:’No sharing, over 18s only and stop if you’re sick’: The 8,000-calorie 59-item breakfast diners have to sign a WAIVER before eating (that no one has managed to finish)
http://www.dailymail.co.uk/femail/food/article-2906777/The-8-000-calorie-59-item-breakfast-diners-sign-WAIVER-eating.html

http://www.bristolpost.co.uk/Big-breakfast-ready-cafe-s-8-000-calorie/story-25845163-detail/story.html

お役立ち情報[PR]