お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

死後の世界があったら、どういうところであってほしい?1位「お花畑の中で心平かにすごせる」

立花隆さんが、自らのライフワークである臨死体験というテーマに新たに挑んだ、NHKスペシャル「臨死体験~死ぬとき心はどうなるのか」が話題となりました。もしも、死後の世界があったら、どういうところであってほしいと思いますか? 読者440名にアンケートを実施しました。

【死後の世界をレポート? 死亡説が出たモーガン・フリーマンのコメントがステキ!】

Q.死後の世界(ココロ・カラダが生き残る世界)があったら、どういうところであってほしいかを教えてください(複数回答)
1位 お花畑の中で心平かにすごせる 31.8%
2位 近親者の様子が常に見られる 19.6%
3位 死んでいる以外は生活がそんなに変わらない 17.1%
4位 下界を浮遊できる 16.6%
5位 遊べる場所が充実している 15.2%

■お花畑の中で心平かにすごせる

・「死後は穏やかであってほしいので」(31歳女性/金融・証券/事務系専門職)
・「死後くらいゆっくりしたい」(27歳女性/学校・教育関連/クリエイティブ職)
・「楽しい世界であって欲しいから」(25歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

■近親者の様子が常に見られる

・「まだ少しつながっていたい」(22歳女性/生保・損保/販売職・サービス系)
・「みまもりたい」(36歳女性/建設・土木/事務系専門職)
・「残してきた人たちの事が気になる」(47歳男性/ソフトウェア/経営・コンサルタント系)

■死んでいる以外は生活がそんなに変わらない

・「生まれ変わりに近いから」(49歳男性/情報・IT/技術職)
・「ならむしろ経験してみたいかも」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「思考がなくなるのが嫌なので」(31歳女性/学校・教育関連/技術職)

■下界を浮遊できる

・「漫画みたいな感じで下界を見て回りたい」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「たまにふらっと散歩したくなる」(32歳男性/金融・証券/専門職)
・「悪戯したい」(35歳男性/小売店/販売職・サービス系)

■遊べる場所が充実している

・「遊んで暮らせていいなと思う」(28歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「死んだあとは楽しみたい」(33歳女性/商社・卸)
・「もう苦労したくない」(31歳男性/自動車関連/技術職)

■番外編:生きているうちにはわからない!?

・音声や会話がある「無音の世界はつまらないから音楽があるほうがいいな~」(29歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・頑張ると生まれ変われるシステム「転生して人生をやり直したいから」(37歳女性/小売店)
・似た死因同士なら友達になっていい「あなたもですか~と語り合いたい」(31歳女性/医薬品・化粧品/技術職)

●総評
1位は「お花畑の中で心平かにすごせる」でした。どんな場所であっても落ち着ければいい、死後くらい安らぎがほしいから、という意見が圧倒的。のどかに、しかも今まで通り過ごせそうなイメージを持つ人も見られます。

2位は「近親者の様子が常に見られる」。様子だけ見られれば安心、といったライトな意見が多かったです。一方で、逆に家族に見られていたらイヤだ、という意見も。

3位は「死んでいる以外は生活がそんなに変わらない」。理想的な死後の世界ですが、あの世でも働かなくてはいけないのは大変かも……。

現在のように悩んだり苦しんだりすることなく、ゆったり過ごせる死後の世界があったらそれでいい。そんな控えめな意見の人が大多数を占める結果となりました。ココロが生き残る死後の世界がほんとうにあったら……。それだけで素晴らしい、というところでしょうか。

(文・OFFICE-SANGA 澤井輝一)

調査期間:2014年12月8日~2014年12月16日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性145名、女性295名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]