お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 女性の身体

約半数の女子が当てはまる! 生理前に暴飲暴食しちゃう理由3つ

生理前は体調が悪くなったり、肌の調子も悪くなったりしがち。だから、普段よりも食生活には気を使わないといけないとわかっていても、生理前になると無性にジャンクフードが食べたくなったりすることってありませんか? 今回は生理前の食欲の変化について女性に聞いてみました。

Q.あなたは、生理前になると、暴飲暴食してしまう傾向にありますか?

「はい」49.2%
「いいえ」50.8%

暴飲暴食してしまうという人と、そうでないという人は約半数ずつ。では、暴飲暴食してしまうという女性に、どうしてそうなってしまうのか理由を聞いてみましょう。

■イライラする

・「生理前はむしゃくしゃして暴飲暴食するとき、無性に食欲が旺盛になるから」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「生理前はイライラするので、チョコをやけ食いしてしまう」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「生理前は食べまくります。もう我慢しないほうがいいと悟りました(余計イライラするから)」(27歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

生理の前になると無性にイライラしてしまって食欲がとまらないという女性は多いようです。それを我慢すると余計にストレスになるので、数日のことだと思って食べまくる人も。確かに、食べないでストレスになるのはよくないですが、やけ食いはできるだけ控えたいもの。

■普段食べないものが食べたくなる

・「いつもは食べたいと思わないものが食べたくなり、結果的にいつもより多く食べ物を胃におさめている」(31歳/小売店/事務系専門職)

いつもはそれほど食べたいと思わないものでも、なぜか生理前だと食べてしまうという経験のある人も。普段通りの食事+いつも食べないものなので、結果的には食べ過ぎ状態になるみたいです。

■甘いものがほしくなる

・「お腹がいっぱいでも甘いものが食べたくなる」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「クッキーを大量に食べたり、ケーキをワンホールをひとりで一晩で食べてしまう。それが数日続く」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

お腹いっぱいでも甘いものは別腹なのが、生理前の不思議な現象。ケーキをワンホール食べるなんて普段なら自分自身でも信じられない食欲ですよね。

生理前に暴飲暴食してしまうのはホルモンの影響で血糖値が下がってしまうというのが原因のひとつ。血糖値の値を一定に保てるように食事量を変えずに回数を増やしてみたり、血糖値が急に上がらない食べ物を取ることで軽減できることもあるそうですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数130件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]