お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

もしかして間違っていたかも?!デリケートゾーン間違った洗い方と正しい洗い方

女性の悩みの種である「デリケートゾーン」。どんな手入れが正しいのか?もしかしたら私達のお手入れ方法は間違っているかもしれない。こんなデリケートゾーンの悩みは、誰それと聞くことは出来ませんよね?たとえ同性であっても恥ずかしいという気持ちが先に出てしまいます。

【そんなふうに思ってたの!? 男性が「彼女が生理のときに気になること10」】

ですが、今では簡単にお手入れが出来るように、専用の石鹸やクリームなど用途に沿って販売されています。その他にも自分自身でできる適切なケアの仕方で、デリケートゾーンによる色々な悩みは改善されていきます。
デリケートゾーンのお手入れが正しく行われていないと、様々な悩みが出てきてしまいます。一番気になるのが、おりものによる臭いやデリケートゾーンの黒ずみ、その原因は間違ったお手入れ方法から招いてしまったデリケートトラブルかもしれません。

【もしかして、私のお手入れ方法は間違っていたかもしれない…】
女性の性器は複雑にできており、入浴時にボディタオルなどで体を洗う際に、体の一部としてデリケートゾーンをゴシゴシ洗ってしまいがちです。その他にも、ボディタオルなどを使っていないから大丈夫ではなく、手で洗う時も爪で引っ掻いてしまわないようにと細かい所に気を遣わなくてはなりません。

・ボディシャンプーで性器の中まで念入りに洗っている。
・ナイロン系のボディタオルで洗っている。
・熱いお湯をあてている。
・おりものが出ても大丈夫なように毎日おりもの専用ナプキンを装着している。
・特に何もしていない。
この項目の中で一つでも当てはまり、毎日している事があれば、あなたのデリケートゾーンのお手入れ方法は間違っているという事になります。それでは、正しいお手入れ方法をご紹介したいと思います。

【正しいデリケートゾーンのお手入れ方法と、その理由】
デリケートゾーンのお手入れ方法は、私達が思っているよりも丁寧に念入りにしなくてはなりません。毎日の積み重ねがデリケートゾーンの悩み解決に繋がるのです。

(1)デリケートゾーン専用の石鹸、またはお肌に低刺激のボディシャンプーを使用する。
このデリケートゾーン専用石鹸で人気の高い商品は?ジャムウ・ハーバルソープ”です。このジャムウ・ハーバルソープは10年連続人気ナンバーワンで、女性の人に言えない悩みを一気に改善してくれる嬉しいソープとなっています。

おりものの臭いの原因は、不十分なケアの結果で起こる雑菌の繁殖。カンジタなどの女性特有の性病にも発展してしまいます。もう一つの臭いの原因に考えられるのは、おりものなどの残り(恥垢)といわれる垢が残り、臭いの元となる場合もあります。

ですが、その垢や雑菌を取り除こうとゴシゴシと刺激を与えていると、キレイにするどころか膣内のPH環境が崩れ雑菌に感染しやすくなってしまうのです。

(2)正しい洗い方とは?
おりものが残らないように膣内まで念入りに洗うという方が多いですが、それは間違っています。膣内は自ら酸性を保ち善玉菌を育てる自浄作用があるので、膣内にボディシャンプーを入れて洗う必要はありません。そのような洗い方を続けていると、膣内のPH環境が崩れて悪循環を引き起こしてしまいます。

デリケートゾーンの正しい洗い方とは、順に陰毛→陰核→性器部分→会陰部分と洗っていきます。
陰毛はマッサージをしながら洗い、根元を重点的にしていきます。そして陰核、性器部分、会陰部分は、指の腹を使い優しく丁寧に洗っていきます。そのひと手間が、臭いや黒ずみの原因を取り除き、悩みなきデリケートゾーンに変化していくのです。

洗い残しが無いように、ぬるま湯ですすいでいきます。雑に洗いつづけると色々な病気や悩みを引き起こしてしまいますが、正しい洗い方でケアをしていると悩みもなく自信を持てると思います。

(3)黒ずみが気になるのなら、デリケートゾーンにもスキンケアを!
バストトップの色味が気になる方がしているスキンケア方法は、顔同様に化粧水・美容液・保湿クリームを塗っている方がいます。それと同じ方法で、デリケートゾーンにも美白スキンケアを行うのもいいでしょう。

【デリケートゾーンのお手入れの際の注意すること】
デリケートゾーンのお手入れの注意すべきことは、生理中の時のケア方法です。生理中は普段の時よりもデリケート状態になっているので、傷つけないように優しく洗う事を心掛けて下さい。ですが、生理が終わり残った血が気になる場合は、ビデやシャワーで手前のところだけでも軽く洗い流すだけにしておきましょう。

そして、黒ずみの原因の多くはおりものシートやデリケートゾーンを洗う時のボディタオルなどで刺激が与えられ、メラニンが増え色素沈着してしまうのです。ですから、生理中に限らずにデリケートゾーンのお手入れは、念入りに、でも「丁寧に優しく」を忘れず毎日ケアしてください。

毎日の積み重ねが、女性特有のデリケートゾーンの悩みを解決してくれます。

お役立ち情報[PR]