お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

女性に聞いた! タンポンを「使う」派と「使わない」派、それぞれの理由

生理中、激しい運動をするときや、長時間の移動をしなければならないとき、「タンポン」を使うかどうか悩んだ経験はありませんか? 正しく使えば便利という話はよく聞きますが、実際のところどうなのでしょうか。そこで、タンポンを「使う」派の女性と「使わない」派の女性、それぞれの意見を聞いてみました!

<「タンポンを使う」派の意見>

■頻繁に取りかえなくても大丈夫

・「あまり取りかえる必要がないので」(28歳/情報・IT/経営・コンサルタント職)
・「頻繁に取りかえなくていいし、ナプキンだけを使うより匂いが気にならない」(23歳/生保・損保/事務系専門職)

■モレの心配が少ない

・「多い日でも、モレの心配がなくなった」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「とにかくショーツが汚れることがないので、すごく楽です」(32歳/その他)
・「運動してもズレないからモレの心配がなく、安心できる」(23歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

■旅行や水の中に入るときも安心

・「海外旅行に行ったとき、どうしても海に入りたくて使いました」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「水の中に普通に入れるのは便利」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「長時間の移動も大丈夫だから、飛行機とか乗るとき便利」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

■タンポンとナプキンの併用をすることも

・「経血モレが不安なときは、タンポンとナプキンの併用をすることで、安心感がだいぶ変わる」(33歳/医療・福祉/専門職)

タンポンを使うメリットとして、「取りかえる頻度が少なくていい」「モレにくい」という声が多数。また、プールや海に入りたいときにも、タンポンがあると安心ですよね。経血の量が多い人は、ナプキンと一緒に使うこともあるようです。

<「タンポンを使わない」派の意見>

■抵抗があるし、使うのが難しそう

・「入れたり出したりが、なんとなく怖い」(25歳/通信/営業職)
・「正直使うのが怖いし、取り出すときとか面倒くさそう」(25歳/医療・福祉/専門職)
・「使用方法が難しそう。タンポンが取り出せなくなって、病院に行ったという話を聞いたことがあるので怖くなりました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「使い方がよくわからないし、抵抗がある」(23歳/医療・福祉/専門職)

■ナプキンで十分

・「ナプキンのほうが使い慣れているので」(30歳/建設・土木/事務系専門職)
・「ナプキンで問題ない」(26歳/学校・教育関連/専門職)

タンポンを使わない理由としては、「怖い」「正しい使い方がわからない」という意見が目立ちました。体の中に直接入れて使うものなので、抵抗がある気持ちもわかります。タンポンは特に必要ない! ナプキンで十分! という人も。

タンポンは正しく使えば、快適に過ごせることも。今まで使ったことがないという人は、一度チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数254件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]