お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

とろ~りバターと温泉卵が牛丼にマッチ!国産牛を使ったワンランク上の牛丼店―上野「牛の力」

「牛力丼 白」720円

腹持ちもよく、時間がない日のランチとして重宝するのが牛丼。チェーン系牛丼は安さが魅力だが、あまりに食べ慣れていて特別感は薄い。もうちょっと高くてもいいから、素材や味にこだわっていてしっかり外食気分になれる牛丼屋さんがあればいいのに……と思っていたら、まさにそういうお店が上野にあるらしい。

【まろやかで味わい深い「早矢仕ライス」が名物。書店丸善・日本橋店の帰りにぜひ寄りたい「Maruzen Cafe」】

店の名は「牛の力(ぎゅうのちから)」。国産牛を使った本格的な牛丼が味わえると評判も上々だ。どんな店か早速取材してみた。

●バター風味の個性的な牛丼が人気
と言っても牛丼の価格は、お吸い物のお椀付きで600円から。チェーン系牛丼店に比べれば高めだが、他の一般的な飲食店の中では十分お手ごろと言える価格設定だ。

「東京牛丼」600円は、国産牛と玉ねぎを熟成特製醤油のつゆで煮込んだスタンダードな牛丼。柔らかく煮込まれたお肉は、すき焼き風のあっさり上品な味つけで、肉の存在感と旨味が十分に感じられる。

一番の人気メニューは、基本の「東京牛丼」にバターと温泉卵をトッピングした「牛力丼 白」720円。お肉と炊きたてごはんに、溶けたバターとトロトロ温泉卵が絡むマイルドな味わいが何とも新鮮。バターでコクが加わるため、食べごたえも満点だ。

日本一の牛丼屋を目指しているというこのお店。「100%厳選した国産牛を使う」こと以外にもこだわりは多い。チーフの松本さんによると「お米も国産米で、季節にあわせて水分管理しガス釜でふっくら炊き上げています。

丼タレも、牛肉にあわせて醤油屋さんに調合してもらったオリジナルのタレを使用しています」とのこと。ただおいしいだけでなく安全な料理を食べてほしいという思いが伝わってくる。
女性向けメニューとして、小さめ牛丼、お新香・小鉢・サラダ、さらに一口甘味とサプリメントジュースが付く「レディースセット」800円もおすすめ。開店から11時までは、「納豆御膳」400円などの朝食メニューもオーダーできる。

【店舗データ】
店名:牛の力
所在地:東京都台東区上野6-14-7
営業時間:月~木/8:00~23:30
金・土/8:00~24:00
日・祝/8:00~23:00
定休日:なし
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・牛力丼 赤(辛味噌風味のピリ辛牛丼)720円
・牛すじカレー620円

お役立ち情報[PR]