お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

彼との会話がなんだかはずまない……そんなアナタは自分に素直になってみて!

「想いは通じ合っているはずの彼との会話が、最近はずまない……」「好きな人ともっと会話がしたいのに、彼が話に興味を持ってくれない……」こんなことで悩んでいる人はいませんか? 「もっと話をして、お互いのことを知りたいのに!」と歯がゆい思いをしている人、話し方を少し変えてみませんか?

【会話が苦手でも会話上手になる秘策】

■どうして会話がはずまないの?

「共通の話題があるのに、なんとなく話が盛り上がらない……どうして?」そんな風に悩んでいる人はいませんか? 理由は分からないけれど、なんだか話がはずまない。会話の糸口はつかめたのに、その先が続かない。そんな「会話ベタ」な人に、彼との会話のキャッチボールがスムーズにいく方法をいくつかご紹介します。

■話題に対する意見や感情のビジョンをしっかり持とう!

まずは、会話を始めるとき、一つの話題が上がったら、その話題に対し、自分がどう思っているか、どう考えているか、を頭の中で明確に想像しましょう。興味のある話題であれば、それが好きか否か、どんな特徴に興味があるかなどをある程度固めておくと、言葉がスムーズに出てきます。

まったく知らない内容であれば、知った風な態度は取らず、相手が話しやすいように、具体的な言葉で質問しましょう。

■相手を気づかいつつ、ストレートな言葉で伝えて!

考えがまとまったら、細かい説明的な内容よりもまず、感情やストレートな意見を先に伝えましょう。すべての情報をまとめて話したくなる気持ちも分かりますが、それでは会話というのは上手くいきません。時間を掛けて会話をしたいのであれば、「●●って、△△なところとか□□なところがあるよね。

そういうところが好き」というような言い方ではなく、「私は●●好き」と感情を先に伝えると、相手の頭へ最初にその情報が入るので、そのあとの会話がスムーズに運びやすいです。しかし、感情や意見を伝える際は、相手がまず、その話題についてどんな見解をもっているか、きちんと観察しましょう。

大幅に考え方に違いがあった場合、相手を傷つけたり、不快に感じさせたりしてしまうかもしれません。

会話が盛り上がらない原因の一つは、言葉の情報が一度に多すぎて相手が飲み込み切れない、というものが考えられます。一回ですべて伝えようとせず、自分の考えを明確に描き、会話の応酬の中で相手に伝え、また相手の言葉を理解する、そんな姿勢を心がければ、ワンステップアップした、「会話上手さん」になれるかもしれません。

お役立ち情報[PR]