お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外とツライのに会社を休むのは許されない症状1位「頭痛」

本当は仕事を休みたいけど、上司や同僚からの視線が痛い……。そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか? 立派な病気やケガなのに、ありがちだから認められない雰囲気。今回は、意外とツライのに会社を休むのは許されない症状について503名の読者に聞きました。

【働く女子は何度以上の熱で会社を休む?⇒「38度。頭が回らないから」「39度以上。それ以下は微熱」】

そして今日も、私たちはムリして出勤していくのです……。

Q.意外とツライのに会社を休むのは許されない症状を教えてください(複数回答)
1位 頭痛 29.2%
2位 風邪 27.0%
3位 腹痛 23.5%
4位 花粉症 22.1%
5位 下痢 19.7%

■頭痛

・「実際休めなかったので」(21歳男性/食品・飲料/技術職)
・「頭がいたいのは、体温とか値がでないから、証明しにくくてツライ。PCを見ているとさらに症状がつらくなるので、休みたい」(32歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「偏頭痛は理解されにくいので」(36歳女性/小売店/事務系専門職)

■風邪

・「当然、出社が当り前。風潮がある」(43歳男性/建設・土木/営業職)
・「熱さえ出なければつらくないと思っている上司がいた。結構地味にしんどい」(25歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「37度はダメな気がする」(25歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)

■腹痛

・「本人しかわからないからねと言われたことがあります」(50歳男性/団体・公益法人・官公庁)
・「腹痛で痛いし、いつ下痢になるかわからないのに営業としてお客さんの前にいなきゃいけないのはきつい」(26歳女性/金融・証券/営業職)
・「頭痛、腹痛は波があるので休みづらい」(27歳女性/医療・福祉/専門職)

■花粉症

・「花粉症のピークの日は生きているのがつらくて、39度の熱が出た時と同じぐらいのきつさなんですが……。理解してもらえない」(35歳男性/機械・精密機器/営業職)
・「花粉症の時は、目や鼻だけでなく、胃腸までかゆくなるのでほとんどご飯が食べられません。でも花粉症で休むなんて言えないので、花粉症の時期はいつもふらふらです」(23歳女性/印刷・紙パルプ/技術職)
・「眠くなるし、発作のようにくしゃみが止まらないし、涙も出るし、風邪以上につらいのに、花粉症くらいで、と思われるのが嫌」(31歳女性/医薬品・化粧品/技術職)

■下痢

・「片道2時間の遠距離通勤をしているので、下痢だけは困ります」(47歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「下痢の場合、3分に一回はトイレに駆け込まないといけないので、仕事どころじゃない」(24歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「トイレでしごとできたらと思う(笑)」(26歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

■番外編:地味だけど認めてほしい

・筋肉痛「意外とボディーブローのようにきく」(40歳男性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・突き指「利き手だと字を書くのがつらいが、『ケガ』にはならないから」(25歳男性/食品・飲料)
・眼精疲労「目が疲れすぎてパソコンの画面が白なのに緑色に見えるときがあった。また、数字の『3』と『8』が見分けられないなどがあった」(33歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

●総評
1位は「頭痛」でした。風邪などと違って見た目ではわかりにくいため、発熱を伴わない頭痛や偏頭痛は、理解されにくいようです。しかも、頭痛の原因は、ストレス、食生活、骨のゆがみや筋肉の緊張、歯のかみ合わせなど、実にさまざまなので、単純に鎮痛剤を飲めば治るとも限りません。

二日酔いの頭痛だなんて、口が裂けても上司には言えませんね。

2位は普通すぎて軽くあしらわれがちな「風邪」でした。人それぞれ症状が違うし、ひどい風邪は本当にツライ。とても仕事ができる状態ではない場合も、実際にあります。日本では、休むことは悪みたいな風潮がありますが、海外では、生産性が落ちたり、周囲に移したりすることがあるので、休むのがマナーという国もあるようです。

3位は「腹痛」。これもありがちだけど、波がピークに達したときは、まっすぐ立つのも厳しいですよね。「お腹が痛いなんてしょうもないと思われて取り合ってもらえなかったが胃潰瘍ですというと急に許された」という人もいて、本当にツライときは物は言いよう、嘘も方便!?

今回は、実際に休めなかった体験談や壮絶なエピソードが集まり、大変お気の毒でした。「入院しないとなかなか休めない」「インフルとか感染症じゃないと休めない」というコメントからも、誰もがやむを得ないと思える納得の理由がないと、休めない空気の会社が多いようです。

あらためて、日本の企業戦士はストイックで勤勉だなと感じました。
(文・OFFICE-SANGA 関和麻子)

調査時期:2014年10月5日~2014年10月13日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性169名、女性334名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]