お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らない知識「細菌とウイルスの違い」

細菌とウイルスの違いとしては、大きさが挙げられます。細菌は1μm前後であるのに対し、ほとんどのウイルスは300nmより小さいそう。

【間違いやすい知識 便秘薬を牛乳と一緒に服用すると効果が薄れる】

また、細菌は温度などの増殖できる条件がそろった環境下で増えていきますが、ウイルスは生きた細胞に寄生することで増えていきます。夏場に多いサルモネラ菌などが原因の食中毒は細菌性であり、冬はノロウイルスによるウイルス性食中毒が多く見られます。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]