お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

ぜんぜん異なる3タイプ! 目のまわりのクマ・くすみの原因とは……

Doctors Me
■クマやくすみの原因はさまざま

寝不足や体調不良のとき、ふと鏡を見ると目の下にクマやくすみが出ていることはありませんか? クマができると疲れた印象を与えたり、年齢よりも老けて見えたり……と、イヤなもの。化粧でもなかなかうまくカバーできません。

仕事の効率倍増!? 医師に聞く、仕事中の昼寝の効果

実は、そんなクマやくすみには、いくつかの種類があります。そこで、今回は種類別の原因と対策を見ていきたいと思います。

■クマ・くすみの種類別、原因と対策

1:目のまわりの血行不良によるクマ(青っぽいもの)
もっともよくみられるもので、寝不足や二日酔いのときなどによく出現します。疲労やストレスがたまっているとき、あるいは眼精疲労などで、目の周囲の血行が滞ってしまうことが原因です。目の周囲のヒフは薄いため、血行不良でヒフの下に黒っぽい血液がたまってしまうと、それが透けて見えてしまうのです。そのため、特にヒフが薄い、色白の人は目立ちやすい傾向にあります。

対策としては、目のまわりを優しくマッサージして血行を促すことが有効です。また、全身の血液循環を高めるべく、体が冷えないようにしたり、軽い運動を取り入れるのもいいでしょう。もちろん、生活習慣そのものを改善できれば、それに勝るものはありません。

2:加齢にともなう目の下のたるみによるクマ(黒っぽいもの)
加齢により、目の下の脂肪を支えている筋肉が緩むことが原因。それにより、下まぶたのヒフがたるみ、その下のくぼみに影ができてクマができてしまうのです。このケースでは、上を向くとたるみが減って目立たなくなること、またむくむと目立つことが特徴。対策としては、適度な表情筋のトレーニングを行い、引き締めることが有効です。

3:目のまわりの色素沈着によるクマ(茶色っぽいもの)
小さなシミが集まってできたり、目をこすることによる色素沈着が原因となるクマです。紫外線や、メイクの刺激なども原因になります。対策としては、日焼けを避ける、目のまわりをこすらないなどに加えて、ビタミンCを摂取するといったこともポイントとなります。

■まとめ

あなたのクマ・くすみはどのタイプでしたか? それぞれに合ったケアで、元気な顔を取り戻せるといいですね。

(30歳女性内科医/Doctors Me)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]