お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼とは別れたくないけど、先輩のことも気になるなんて、ダメ?

「あ、すみません。実は彼と初詣に行って、
ケンカしたきり、連絡とっていないんです。
だから……このまま終わったらどうしよう、
とか思っちゃって」

わたしの気持ちはとても複雑だった。
もしかしたら、安曇さんのこと
好きになってしまったかもと思いながら、
じゃあ修二と別れてもいいのか、
というと決してそうではないのだ。

このまま修二と別れちゃったらどうしよう。
そのことを考えると、本当に胸が痛む。
だから安曇さんに言ったことも、うそじゃない。

「そっか。それはやっぱり気になるよね。
……ねえ。今度水曜日に新年会やるんだけど、
よかったら気分転換に来ない?
プロジェクトでいっしょだった小林も来るし」

「行きます行きます! お誘いうれしいです」
そして修二との関係とは別に、
安曇さんに誘われてうれしいのも本音だ。

わたしはこれから、いったいどちらの方向へ、
進んでいくのだろう?

お役立ち情報[PR]