お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

あなたの話「自己完結」してない!?カレに嫌われる前に直しておきたい「自己完結」グセ

人の話し方には、それぞれ個性があるものです。それによって、「もっと話したいな」と思われる人もいれば、なぜか「なるべく話したくない」と思われてしまう人も。大好きなカレとのコミュニケーションをもっと楽しみたいなら、目指すべきなのは前者! そのために、まずは自分自身の話し方を見つめ直してみましょう。

【男性がウソくさく感じる宣伝文句1位「当社比」→「自己完結なので(33歳)」】

■「自己完結」していませんか?

他人から嫌われやすい話し方には、ある特徴があります。それは、自分の話を自分で完結させてしまうことです。これを「自己完結型コミュニケーション(セルフ・サマライジング・コミュニケーション)」と言います。これを詳しく説明すると、「別に相手の意見は求めていない」「自分の話を聞いて欲しいだけ」「自分の気持ちにただ共感して欲しいだけ」というコミュニケーションになります。

もともとコミュニケーションは「双方が意見を言い、お互いの考えを確かめ合う」という意味合いが強い言葉のはず。そういった意味では「自己完結型コミュニケーション」は、相手とのコミュニケーションが出来ていない会話の方法だと言えるでしょう。

これが、相手をイラッとさせてしまうのです。

■「浮気しているでしょ!」は自己完結

自己完結型コミュニケーションの代表的な言葉として挙げられるのが、「私の話、聞いていないでしょ!」や「浮気しているでしょ!」といった、相手の行動を決めつけるものです。こんな言葉を投げかけられた相手は「そんなことないよ!」と言うしかないのですが……自己完結型の人に、この理屈は通じません。

なぜならすでに自分自身の中で、「こうであるはず」と話が完結されているからです。

カレが一生懸命に自分の行動を説明しても、彼女側にそれを受け入れる準備が整っていなければ……カレは徐々にイライラしてしまうでしょう。「どうして伝わらないんだ!」という思いから、「じゃあそっちはどうなの?」と、攻撃に転じることもしばしば。

こんなカレに彼女は「やっぱりやましいことがあるのね!」と自己完結を強めるかもしれませんが、カレはただ、自分の心を守ろうと必死なだけ。自分の意見を、なんとか彼女に届けようと頑張っているのです。

こんな話し合い(?)は、お互いが自分の感情をぶつけ疲弊するまで続きます。「こんなに頑張っても、理解してもらえない」という思いは、二人の関係を壊す可能性も高いと言えるでしょう。

■女性に多い!?

こうした自己完結型コミュニケーションは、圧倒的に女性に多いと言われています。上の例は極端なものですが、「ただ、自分が思ったことを、カレに聞いて欲しいだけ」という女性は、意外と多いのではないでしょうか。会社での出来事を話していたら、なぜか突然カレがアドバイスをしてきて、思わずムッ。

こんなケースも、「自己完結」ですね。もっと会話を楽しむためには、「相手がどう思っているのか」を想像する必要があります。カレはカレで、彼女のためを思ってアドバイスをしているはず。こんな気持ちが理解できれば、コミュニケーションですれ違うことも減るでしょう。

無意識にやってしまいがちな自己完結型コミュニケーションですが、相手に与える不快感は非常に大きいと覚えておきましょう。まずはこんなクセを把握するのが、改善への第一歩! もしも「自己完結」でカレをムッとさせてしまったら……素直に謝りましょうね。

お役立ち情報[PR]