お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

なんだかんだで見てしまった年末年始恒例のテレビ番組1位「NHK紅白歌合戦」

年末年始を実家で家族と過ごす人も、友だちや恋人とまったり過ごす人も、必ずテレビを見ていませんでしたか?外出でもしない限り、意外とヒマでやることがなかったりしますよね。とくに年末年始は定番の特別番組も多く、毎年楽しみにしている人も多いはず。

【年末年始の過ごし方は「家族サービス」と「リフレッシュ」ボーナス支給額の不満足度7割超】

今回は、なんだかんだで見てしまう年末年始恒例のテレビ番組を440名の読者に聞きました。

■Q.なんだかんだで見てしまう年末年始恒例のテレビ番組を教えてください(複数回答)

1位 NHK紅白歌合戦 48.0%
2位 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで 笑ってはいけないシリーズ 33.9%
3位 箱根駅伝 14.6%
4位 ゆく年くる年 12.1%
5位 ジャニーズカウントダウン 8.4%

◇NHK紅白歌合戦

・「好きな歌手が出てなくても結局みちゃいます」(29歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「見ないと年が越せないような気がする」(36歳女性/医療・福祉/専門職)
・「何となくチャンネルがNHKに合わせてある」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

もはや、大みそかの国民的番組と言ってもいいでしょう。毎年、視聴率が騒がれるほど、注目度の高いコンテンツ。とくに実家にいれば、もれなく「NHK紅白歌合戦」がついていそうです。

◇ダウンタウンのガキの使いやあらへんで 笑ってはいけないシリーズ

・「これらはつい見てしまいます。面白いので」(22歳男性/運輸・倉庫/専門職)
・「始まってからずっとみています」(28歳男性/自動車関連/事務系専門職)
・「つい笑いが恋しくなるから。いつも見て楽しんでいます」(26歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

当初は、番組レギュラー陣がさまざまな対決をし、負けた方の罰ゲームとして始まった企画でした。2006年より大みそか放送になり、2007年からレギュラー全員参加によるシリーズ化。

「ガキつかを見ながらも、紅白は録画して好きな歌手だけでも見てしまう」という二刀流も。大みそかは忙しい!

◇箱根駅伝

・「1年間の努力が感じられるし、正月感がある」(28歳男性/医療・福祉/専門職)
・「いとこが以前箱根駅伝に出ていたので、気づけば毎年見ている」(29歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「出身大学が出ているとついチェックしてしまう」(30歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

まさかの棄権や、タスキをつなげない繰り上げスタート、シード権落ちなど、悔しそうな姿は涙なくしては見られません。優勝校はもちろんのこと、区間賞も注目されるので、ヒーローがたくさん誕生する大会で、今回もヒーローが誕生しました。

◇ゆく年くる年

・「ゆく年くる年は意外と良いことを言う」(28歳男性/食品・飲料/営業職)
・「意外と染み入るから」(38歳男性/情報・IT/技術職)
・「除夜の鐘を聞くと落ち着くので」(36歳女性/小売店/事務系専門職)

◇ジャニーズカウントダウン

・「知ってる曲が多くて盛り上がるから」(23歳男性/金融・証券/専門職)
・「ジャニーズカウントダウンは、年越しの定番で毎年楽しみにしてるから」(26歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「毎年見ている。そして堂本光一の誕生日をお祝いして、『もう○○歳か~』と思ってしまう」(28歳女性/小売店/事務系専門職)

残念ながら生中継が行われなかったですね。15年も続いてきただけに、毎年楽しみに見ていた人は、心にぽっかり穴が開いたかもしれませんね。

◇番外編:笑いと驚きに期待!

・ぐるナイおもしろ荘「前回もみて、エレキテル連合を見た」(24歳女性/不動産/事務系専門職)
・とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル「リアル野球盤とテニス対決が楽しみなので、毎年観ている」(24歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・芸能人格付けチェック「芸能人格付けチェックはGACKTの無敗記録がどこまで続くか気になるから」(22歳女性/医療・福祉/専門職)

 

(文・OFFICE-SANGA 関和麻子)

調査時期:2014年12月8日~2014年12月16日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性145名、女性295名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]