お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

間違っているかも?「食間」「食後」薬を飲む明確なタイミング

Doctors Me
■薬の効果を実感するために、服用時間を守るべし

みなさんは、薬を飲むとき「服用時間」をきちんと守っていますか? また薬袋に「食前」、「食後」などと記載されていますが、その明確な時間を正しく理解していますか? 実は、薬を服用する上で、この「服用時間」は、薬の効果にも影響する、とても重要な役割を持っているのです。

薬剤師が語る、市販の薬で対処してほしくない3つの症状

■薬を飲むタイミングを正確に把握しましょう

食前:食事の約30分前
空腹時は薬が早く吸収されるタイミング。漢方薬、吐き気止め、制酸剤、消化管の運動をよくする薬などの効果が十分に発揮されます。

食直前:食事の5~10分前
お箸を持ったときが服用のタイミングです。たとえば、糖尿病治療薬に用いられる糖の吸収阻害剤などは、このタイミングで服用される薬です。

食直後:食事の5分後
食後、箸を置いたときが服用のタイミングです。食事の中の油分で吸収が促進される脂溶性の薬などは、このタイミングで服用します。これらの薬を、空腹時に服用すると吸収が悪く、効果を十分得られないことがあります。

食後:食事の約30分後
多くの薬はこの用法です。胃が荒れにくいだけでなく胃の血流がよくなり薬の吸収が高まります。胃を荒らしやすい解熱・鎮痛剤などは食後が適しています。

食間:食事の約2時間後 
空腹時にあたります。空腹時のほうが吸収がよくなる漢方は食間も適します。

就寝前:就寝の約30分前
睡眠薬や便秘薬を服用する際はこのタイミングが◎。効果の現れ方には個人差がありますが特に睡眠薬は、服用したら床に就き安静にすることで速やかに就寝できます。

頓服:症状に応じその都度服用
発熱時、疼痛時、不眠時、便秘時、発作時などに服用。それぞれに指示が異なる事がありますので指示に従いましょう。

■まとめ

以上が一般的に分類される服用時間ですが、正しくご存じでしたか? 服用時間を守ることが十分に薬の効果を引き出すことでもあり、同時に副作用を防ぐことにもなります。薬の用法がよくわからない場合は、遠慮せず医師、薬剤師に相談し、よく理解したうえで服用してください。

(40歳女性薬剤師/Doctors Me)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]