お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

俺的・私的NO.1ジャガイモ料理はコレ!1位「肉じゃが」

スーパーへ行けば、必ず見かけるジャガイモ。新ジャガの旬は春から初夏にかけてとされていますが、特に土壌を選ぶわけでもなく、保存も利くため、一年中出荷されている便利な食材です。みなさんはどんなジャガイモ料理が好きですか? 今回は読者503名に、俺的・私的NO.1ジャガイモ料理を聞いてみました。

【キング・オブ・バナナの食べ方1位「そのまま手に持って、皮を剥きながら食べる」】

Q.俺的・私的NO.1ジャガイモ料理はコレ! と思うメニューを教えてください(複数回答)
1位 肉じゃが 31.4%
2位 ポテトサラダ 27.4%
3位 フライドポテト 18.5%
4位 コロッケ 12.5%
5位 じゃがバター 10.1%

■肉じゃが

・「肉じゃがは万人受けするし、あまったら肉じゃがコロッケなどにできたりする」(23歳女性/人材派遣・人材紹介)
・「母親の味だから」(34歳男性/情報・IT/営業職)
・「ほろっとほぐれるところが好き。男爵派」(41歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)

■ポテトサラダ

・「実家では、ジャガイモがいっぱいあるときには母がポテトサラダにして、食卓にドーンと出てきた」(31歳男性/情報・IT/技術職)
・「主食に匹敵するほど好き」(31歳男性/商社・卸/営業職)
・「ポテトサラダを翌日パンにはさんで食べるのが好き」(31歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)

■フライドポテト

・「食べはじめると止まらなくなる。最高だと思う」(31歳女性/食品・飲料/事務系専門職)
・「ただ揚げただけで、なんであんなに美味しいのかと思う」(33歳女性/医療・福祉/専門職)
・「フライドポテトは腹持ちがいいし、手軽に食べられるから」(34歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)

■コロッケ

・「ふとしたときに食べたくなる料理」(33歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「入れるものによって何パターンも作ることができるから」(27歳女性/小売店/事務系専門職)
・「じゃがいものホクホクした美味しさが、一番ストレートに味わえると思うから」(26歳女性/金融・証券/事務系専門職)

■じゃがバター

・「カロリーが気になるのであまり食べられないけれど、たまに食べると本当においしいから。子どものころ家族で食べた、懐かしい風景も思い出す」(30歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「簡単かつジャガイモそのものの味が楽しめるから」(24歳男性/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「しっかりとしたバターの味が合っていて、おいしい」(32歳男性/機械・精密機器/技術職)

■番外編:まだまだある! ジャガイモの味が引き立つメニュー

・芋もち「はじめて食べたとき、感動してもう一個食べてしまった」(28歳男性/医療・福祉/専門職)
・粉ふきいも「シンプルな味つけだからこそ光る味」(32歳女性/学校・教育関連/専門職)
・ジャーマンポテト「いくら食べても飽きない」(31歳男性/食品・飲料/技術職)

●総評
1位は「肉じゃが」という結果になりました。家庭料理の定番といえるメニューですね。煮くずれしないように仕上げるのはなかなか難しいですが、崩れてしまってもそれはそれで……。ドロドロになった肉じゃがを、ご飯にON! なんて食べ方もオススメです。

続いて、「ポテトサラダ」が2位にランクイン。サラダながらも、しっかりとした食べ応え。おかずとしてはもちろん、おつまみにもなる便利なメニューです。「パンにはさんで食べる」と、さらに腹持ちがアップしそう。

3位は「フライドポテト」。こちらも、ジャガイモメニューの代表格ですね。外はカリッと、中はホクホク。クセになって、つい食べ過ぎてしまうという人も多いのでは? 油との相性が良いことも、ジャガイモの魅力です。

番外編では、「芋もち」という回答もありました。芋もちとは、火を通したジャガイモを潰し、片栗粉などを加えて餅状にしたもの。北海道の郷土料理ですが、最近では全国にファンが広がっている様子。茹でて良し、揚げて良し、潰しても良し。

そんな便利な食材であるジャガイモ、今日の夕食にいかがですか?
(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)

調査時期:2014年10月5日~2014年10月13日
調査対象:マイナビウーマン読者
調査数:男性169名、女性334名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

お役立ち情報[PR]