お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

YouTubeを見るだけで料理を覚える人工知能

ロボットが料理番組を見て、その通りに食事の用意をしてくれたら嬉しいですよね。そんな話が夢ではなくなるかもしれません。

【本場のタイ料理の味を守るため、政府が味見ロボットを開発】

アメリカとオーストラリアの研究チームが、人間の作業する姿を見ることによって、ロボットにオペレーションの技能を教えられるアルゴリズムを作成したと発表しました。

メイランド大学とオーストラリアの研究機関NICTAの研究者達は、YouTubeの料理動画を見せることで、ロボットに料理の仕方を教えました。
ディープラーニング(深層学習)と呼ばれる方法を使って、人工知能を教育したのです。

この方法では、ロボットが、大きな塊の情報を多数の人工ニューラルネットワークを通して受け取ります。音声やビデオ画像の認識や他の情報を入力すると、ロボットは、それらのデータを総合し、新しく手に入れた経験に従って行動します。

今回の研究では、人間が料理をしているところを映した88種類の異なったYouTube動画を見せることで、人工知能を訓練しました。

その結果、特定の物体を認識したり、人間の手がその物体をどのように掴むか、また次にその物体をどのように扱うかという次の行動まで予測することが出来たそうです。
これは、ロボットが器具や道具の扱い方を分析し、学ぶことができたことを意味しています。

Gigabyte gourmet: AI robot learns to cook just by watching YouTube videos
http://rt.com/news/219687-robot-learns-watching-video/

お役立ち情報[PR]