お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

日陰にいても日焼けするの?

夏の晴れた日に、何もせず外に出れば日焼けしてしまいます。そのため、日傘や日焼け止めクリームなどが欠かせません。でも、日陰にいれば日焼けはしないはず。秋や冬の空なら日焼けをしないはず! そう思ってるアナタ、本当に大丈夫なのでしょうか?

【避けすぎもダメ!「日焼けせずに」紫外線をきっちり浴びるポイントは?】

■日焼けの仕組み

そもそも、なぜ日焼けをするのでしょうか。太陽光線のうち波長の短い「紫外線」というものがあります。この紫外線は、大量に当たると人体に有害となる物質です。この有害物質が皮膚に当たると細胞を傷つけ、黒くなったり赤くなったりします。

これが日焼けです。

■日陰だって曇りだって紫外線は降っている

この紫外線、目に見えない上に波長がものすごく短い光の一種です。光の一種ですので、日陰であろうとも多少は降り注いでいます。また、色んな物に反射する性質を持っているため、帽子や日傘などをしても身体に飛び込んでくるのです。

特に、コンクリートや水面などからの反射は、日傘や帽子では防げません。

また、快晴の日の紫外線を100%とすると、曇の日の紫外線は60%、雨の日ですら30%の紫外線が降り注いでいます。しかも、ガラスも通過してくるので、雨が降っているからといって窓辺にいると容赦なく紫外線にあたってしまうのです。

■夏だけじゃない! 秋も冬も春だって紫外線は降っている

夏に比べれば、秋や冬は紫外線量は減ります。しかし、長時間外に入れば、目立たない日焼けをすることに変わりはありません。特に冬場は「スキー焼け」という、太陽光が雪に反射して顔だけ焼けてしまうという現象が発生します。

こういったものが積み重なれば、肌のダメージは相当なものになってしまいます。

■日焼けをしないようにする方法

今の日本において、日焼けをしないようにするには日焼け止めクリームを塗るくらいしか方法がありません。日傘や帽子では、地面からの紫外線が防げないからです。しかし、日陰や秋冬の日焼け止めクリームは、必要以上に強い数字のものを使うと、別の肌トラブルを起こすことがあります。

また、保湿をしっかりすることで肌の新陳代謝を促し、日焼けをしてしまった肌を生まれ変わらせることができます。炎天下にいなかった場合でも、肌のお手入れは怠らないようにしましょう。

間違った知識でシミだらけの肌になったら悲しくなってしまいますよね。どんな場合でも日焼けの元である紫外線は降り注いでいると自覚し、美肌お手入れをしっかりすることで、すっぴん美人を保てるようになりますよ。

お役立ち情報[PR]