お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

遺伝やタバコじゃなかったの!?癌になる理由、第1位を発表

紫外線で皮膚癌になる、喫煙で肺癌になる……などなど、さまざまな癌の原因を耳にしますよね。そんな中、2015年元旦、癌になる理由の第1位がサイエンス誌に発表されました。

■その気になる理由とは、「細胞の突然変異」です。

研究者は、31種類の癌(信頼性の高い幹細胞の分裂速度を把握することができなかったため、乳癌と前立腺癌は除く)を調べたところ、そのうち骨、精巣、卵巣、すい臓癌、白血病を含む22種類においてこの結果が得られたと発表。

突然変異したDNAが人体の各部位にたまって癌になっているケースが、全体の65%(3分の2)にものぼったと言います。

ただし、もちろんタバコや遺伝が癌と無関係なわけではありません。大きく関係しているのは事実です。実際、大腸癌、肺癌、皮膚癌などは、他の癌よりも遺伝や環境要因によって発生する確率が高かったと報告されています。

それにしても、癌の発生原因の第1位が単なる「運」だったとは驚きですね。気を付けようと思っても、気を付けようがありません。

研究者は、このような突然変異による癌から命を守るには、細胞硬化の段階で早期発見するための研究を進める必要があると話しています。このまま順調に医学が発展してくれることを祈るばかりです。

参考:
Biological bad luck blamed in two-thirds of cancer cases
http://www.reuters.com/article/2015/01/01/health-cancer-luck-idUSL1N0UE0VF20150101

お役立ち情報[PR]