お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ブーツの季節、こうすることで臭~い足から回避できる!

この時期、ブーツを履く女性は多いと思いますが、そんな時に気になるのってブーツの中で臭くなりがちな足の臭いじゃないですか?

【「足が臭い」と「口が臭い」どっちが許せる?「足:83.8% 顔から遠い」】

誰しも足から常にフレッシュな香りがするとは思っていませんが、彼の家に行ってブーツを脱いだ瞬間悪臭が漂うのって気まずいですよね。

そこでWomen’s Health Magazineが、どうすればブーツの中でこもりがちないやーな臭いを最低限に抑えられるのかまとめてくれています。

●素足で履かない
足は体のどの場所よりも汗をかきやすい場所です。なので、薄い靴下やストッキングでも足の周りのスポンジの役目になり、汗を少しでも吸い取って素足がばい菌だらけになるのを防いでくれます。汗を吸い取りやすいタイプの物や、ウールベースの物が臭い防止には効果的みたい。

必ず1日に1回は靴下を変えましょう。もしも運動するならその度に。

●お茶で洗浄
もしもあなたの足にどうしても臭いがこびりついてしまっている場合、20分間足を紅茶(ブラックティー)に浸して洗浄してみてください。ブラックティーに含まれる酸が足についたばい菌や汚れを洗い流してくれます。くれぐれも熱湯に足をつけてやけどをしない様に!

●同じ靴を履き続けない
誰だって、同じジーンズを毎日はき続けませんよね。毎日履かないことでジーンズに通気性ができて臭くなりにくいのです。それと同じで、毎日同じ靴を履くことは靴に乾燥する暇を与えずに汗がたまる原因となってしまいます。

なので、いくらお気に入りでも臭いを軽減させる為には毎日同じ靴を履くことは避けましょう。

●靴をたまに脱ぐ
少しお行儀が悪いかもしれませんが、会社のデスクや車の中など、靴が脱げる場所ではなるべく靴を脱ぐ様にすることで靴の中に汗がたまらないようになります。大切なミーティング中などに靴を脱ぐことは避けたいですが、自分のデスクにいる時は靴を脱いで悪くはないかも。

この様に、足をにおわせないようにするには足に汗っぽさをためずになるべく通気性を良くすることですね。それらに気をつけてくさーい足から脱出して!

参考: 5 ways to deal with stanky feet

http://www.womenshealthmag.com/beauty/smelly-feet

お役立ち情報[PR]